ワイキキ・パーク・ハイツ その他

ワイキキ・パーク・ハイツ ラナイ
ラナイ
ワイキキ・パーク・ハイツ ラナイから
パシフィックビーチ方面の景色
ワイキキ・パーク・ハイツ ラナイから
パークハイツのプール
ワイキキ・パーク・ハイツ ランドリー
ワイキキ・パーク・ハイツ 乾燥機

 
 前回書き忘れましたが、パークハイツは全館統一のエアコンを使っているようで、それを必要に応じて各部屋で温度調節するシステムです。

 従ってハワイ特有のうるさいエアコンの音に悩まされることは少ないです。

 しかしこのエアコンのスイッチがまたしょぼいです。写真を撮ってくれば良かったなあと悔やんでいますが、スイッチとラジオのダイヤルのようなつまみを回すことにより温度調節が出来る仕組みです。

 ラナイはバニヤンと同じぐらいの広さがあり、テーブルが一つと椅子が2脚。ここが滞在中のメインの食事場所になりました。

 片隅には大きな箱が置いてあり、そこに子供用のシュノーケルとか浮き袋が入れてあり自由に使って良いようでした。

 ラナイからの景色ですが、今回の部屋は海側ですが全く海が見えません。それは正面に10階建てぐらいの建物があるからで、距離的に離れているので圧迫感はありませんが、目の前にあるのはやはり鬱陶しいです。

 (写真はパシフィックビーチホテル方面です)

 ちなみに10階ぐらいの部屋からでも、もう少し西側の部屋なら、ちょうどパシフィックモナーク東側の通りが真正面になり海が見えます。

 プールは4階に入りましたが、あまり人気がないようで、入っている人は少なかったです。

 ゴミは適当に分別してダストシュートに放り込みますが、重たいもの、固い物はランドリー前に持ってきてくれと書いてありました。

 ランドリーは地下1階にあり、夜間は鍵を使わないと出入りできないようになっています。洗濯機も乾燥機も6台ぐらいありました。

 乾燥機は、上の段が熱くなるタイプで下の段が暖かくなるタイプで、真ん中のスイッチで使い分けます。

 私は最初暖かいぐらいが良いだろうと思い、上の段に衣類を入れて、スイッチで暖かい方を選択したら下の方が空回りを初め焦りました。

 すぐ近くに1ドル(75セントだったかも)で1回分の洗剤を売る自動販売機もあり、便利だなと思いました。

 だいたいこんなところですが、我が家はコンドミニアムを使い慣れているため、それほど不便は感じませんでしたが、初めての人は、ソファーベッドの使い方、キッチンの使い方、タオルの使用等いろいろ悩むかもしれません。

 しかしパークハイツは元々が日本資本で作られた建物だと記憶していますので、日本人には居心地の良い作りになっているかもしれません。

 ただし我が家はハワイに来てまで日本のマンションと同じような小さく分割された部屋で生活はしたくないなあと感じました。

 入り口を入ったときリビングへの通路が見えるパークハイツと、いきなり広いリビングが見え、その向こうに大きな窓があるバニヤンとはだいぶ印象が違うなあと思います。

 ハワイに来た以上、やはり欧米風かハワイ風のコンドミニアムで生活したいなと今回は感じました。 


宿泊関連へのリンク ハワイの表紙に戻る 宿泊の表紙に戻る
旅行記関連へのリンク 2011年の旅行記へ戻る