チャイナエアライン ビジネスクラス

朝食関係

ビジネスクラスの朝食
寿司定食の朝食
スープ、味噌汁、漬け物
ビジネスクラスの朝食 にぎり寿司
寿司は朝食にふさわしく少量

 食事を終えてしばらくすると照明が暗くなります。寝る時間ですが、映画を見ている人も中にはいます。

 ちなみにハワイ便は夜8時前後に日本を出発し、約7時間でホノルル空港に到着します。(行きは追い風なので7時間、帰りは向かい風で8時間ぐらいかかります)

 離陸して食事が終わるとだいたい1時間半ぐらい経っていますから、残りは5時間半。

 しかも着陸1時間半ぐらい前から朝食?の用意が始まりますので、この間すべて寝ても4時間。毎日7〜8時間寝ている私には辛い時間です。

 しかも夜8時に出発し、7時間後に着陸ということは、日本時間なら夜中の3時です。(現地時間では朝8時)

 子連れの場合寝付いた子どもを起こすのは大変厳しい時間です。それでもエコノミーよりビジネスの方が寝やすいですから、それだけでも体力的に助かります。

 というわけで3〜4時間寝ると朝食の時間です。これはエコノミーも同様です。

 このときの朝食?は寿司定食を選びましたが、これまた彩り鮮やかかつ、さっぱりとしていて良かったです。もしかするとこれまでのハワイ行きの中で一番口に合う朝食だったかもしれません。

 コーヒーを飲んで、パスポートを取り出し税関申告書に記入をしてしばらくすると、下界に懐かしい島の姿が見えてきました。エコノミーですと、このぐらいの時間になると足を思いっきり伸ばしたくなる欲求が生まれますが、ビジネスの場合自由に伸ばせますので楽です。

 また窓際の席から通路へ移動するのも楽なので、窓際の席であっても隣の人をまたいでというようなことをする必要もありません。

 着陸30分前ぐらいになるとベルト着用サインが出て、あとは一気に下降。着陸後は優先して飛行機を出ることが出来ます。入国審査(イミグレーション)は特に優先はありませんが、スーツケースは早く出てきますので、個人手配の旅行では、すぐに空港を出ることが出来ます。


表紙に戻る 旅行計画の表紙に戻る 帰国