ホノルル空港からワイキキまでの時間

ツアーの場合

 大型バスかシャトルか不明ですが、待機場所にいると名前が呼ばれますので、後は指示に従って指定された乗り物に乗り込みます。同時にスーツケースも同じ車に乗せられているはずです。

 空港を出ると、すぐにハイウェイに出ますが、片道6車線ぐらいあって、そこを見慣れない車が多数行き来しています。右側にはホノルル空港の飛行機が見え、左側には雲のかかった山が見えます。

 前方にはダイヤモンドヘッドらしき山が徐々に見えてきますので、「本当にハワイに到着したんだ」と実感できると思います。

 送迎バスまたはシャトルですが、説明会等がなければそのままツアーで指定したホテルまで送ってくれると思いますが、最近は簡単な説明会が行われることが多いようです。

 大手のHISは、ワイキキの中心地「ロイヤル・ハワイアン・センター」の3階に集合場所があるようで、私が近辺をウロウロしているとき、修学旅行の高校生のように多数の日本人がゾロゾロと集合場所に向かっているのを見たことがあります。

 その他のツアー会社ではDFSあたりにツアーデスクを持っているところもあるようです。

 なお私もそうですが、到着初日は寝不足でかなり眠いです。初めての旅行なら、なおさら興奮して機内では眠れなかったと思いますので、皆さん一様に疲れた顔をして歩いていました。

 こういった場所での説明内容ですが、滞在中の注意事項、帰国時の集合方法や時間が主になり、後はお土産の手配やオプショナルツアーの案内等が行われているのではと想像しています。

 ただ眠いので、判断力が鈍っていて、つい余計なお土産を買ってしまうことがあるので注意が必要です。(ハワイ第1回目の我が家がまさにその通りで帰国時の荷物の整理が大変でした)

 また説明会が終わって、すぐにホテルにチェックインできるわけではありません。チェックイン時刻は早くても12時ぐらい、通常は3時です。さらに説明会会場から自力で行く必要があります。


ここまでのまとめ

 ホノルル空港からワイキキの説明会会場までの時間の目安です。飛行機が着陸してゲートに到着して機外に出てから、入国審査会場(イミグレーション:イミグレと省略することが多いです)まで10〜15分。

 イミグレ通過に10〜30分。スーツケース受け取りに10〜15分。税関申告を通過し、出口まで徒歩で5分。ツアーカウンターにスーツケースを預け、待機場所で10〜30分。送迎のバスやシャトルでワイキキまで30〜40分。ワイキキ到着後説明会会場まで10分。

 合計すると、1時間15分〜2時間という感じでしょうか。たぶん間違っていないと思います。その後簡単な説明会の場合15分程度、じっくりとした説明会なら1時間程度(最近は減っているようです)。

 説明会会場からホテルまでの移動は徒歩またはシャトルが用意されるのでしょうか?このあたり私はよく知りません。ただワイキキ市街のホテルなら、歩いても片道15分ぐらいだと思います。

 ツアーの場合は、あらかじめスーツケースもホテルのほうに運んでくれているはずです。ということは機外に出てからホテルのチェックインまで、最も早くて1時間45分で遅い場合は3時間15分。

 目安としては2時間から3時間でチェックインということになりそうです。ただしほとんどのホテルのチェックイン時刻は3時ですから、早くついた場合はホテル側が配慮してくれる場合を除き、ロビー等でうたた寝ということになります。

 再度復習をすると、日本を夜9時に出発するとハワイ着は日本時間で明け方4時半ごろ。ハワイ時間なら朝の9時半です。タッチダウン後機外に出るまでを30分とすると、ツアーの送迎ででワイキキに到着し、ホテルに到着するのがお昼過ぎということになりそうです。

 逆に言うと、最近の羽田便のように、深夜12時前後に羽田を出発すると、ホノルル空港着は現地時間で12時半前後になりますから、ホテル到着はちょうどチェックイン時刻になるとも考えられます。

 もちろんホテル側にアーリーチェックインをお願いしてあったり、もともと12時ごろチェックインできるというツアーも増えていますから、家族連れや三世代旅行では、こういったことも考慮してツアーを選んだほうがよいような気がします。

 なおビーチ、フードコートでのうたた寝は貴重品に注意が必要です。ホテルのロビーの場合は、ホテル側があまり良い顔をしないと思います。

 家族連れなら、ホノルル動物園に入って、園内の芝生で休憩という選択肢もありそうです。ワイキキバニヤン等のコンドミニアムの場合、プールサイドの椅子なら、ビーチやフードコートほど注意する必要はないかもしれません。


表紙に戻る 旅行計画の表紙に戻る ホテルのチェックイン