ツアー料金が安いかどうかを検証

 このページは「家族でハワイに行こう」というブログに、2010年3月に書いた内容を利用しています。

 夏の旅行の参考にするため、HISのサイトでツアーの検索を行ってみました。HISを選んだ理由は、一応格安航空券の老舗で東証1部上場の会社だからです。この会社の金額を基準にして他の会社と比較をしてみたいなと考えました。

 条件は4泊6日で出発は8月上旬。ホテルや航空会社の指定は一切無し。ツアー代金は20万以下。この条件で検索してみるとなんと135件もヒット。全部はとても見切れないので、一番安いツアーを選んで詳細を見てみます。

 カレンダーを見ると、8月上旬の旅行代金はサーチャージ込みで179000円です。これ以外に空港使用料等も必要なので、実際には18万を超えます。これでエコノミーだそうですが、エコノミーと名がつく理由は利用ホテルにありそうです。

 マイレスカイコート、エバホテル、キャスルホケレスイーツ、キャッスルオーシャンリゾート、クイーンカピオラニ、ワイキキ・ゲートウエイ、アクア・マリーナといった名前が並んでいます。

 しかも航空会社を指定すると3000円プラスです。特典はツアーデスクの24時間体制サポート。LeaLeaトロリー乗り放題、WakuWakuシャトル1回利用券がついています。レアレアトロリーは、2013年ぐらいからツアー利用者でなくてもチケットを購入して乗ることが出来るようになっています)

 ホノルル到着後はロイヤルハワイアンセンターへ向かうとあります。最近はここで説明会等が行われるようです。たまたま私がこのあたりをフラフラしていたとき、多数の日本人ツアー客がぞろぞろと寝不足の顔で歩いていたのを見かけています。

 さてこのツアーが安いかどうかですが、どうでしょうか?

 先ずこのエコノミープランの候補のホテルですが、宿泊料はたぶん1万円前後です。従って一人分は5千円。4泊ですから5千×4泊=2万円です。これに送迎費用が加わりますが、往復がバスやシャトルなら一人分はせいぜい10ドルぐらいだと思うので往復で2千円ぐらいです。

 さらにトロリーやシャトルがついているようなので、これを多めに見積もって3千円ぐらい。するとチケット代以外の費用は2万5千円ぐらい。これ以外にもスーツケースの運搬や空港での案内係の人件費等もありますから、実際には諸経費は3万ぐらいでしょうか。

 もともとの代金が17万9千円ですから、ここから引き算すると航空券代は15万円前後となります。

 この時期のJALの正規格安航空券は16万2千円ぐらいで、ANAは15万前後ですから、飛行機がJALに決まれば少し得、ANAならトントンかなという感じもしますが、それ以外の航空会社の場合は数万円の損になるのではと思えてしまいます。

 一方同じHISでこの時期の格安航空券の値段を調べると、一番安いのがチャイナで7万、次がユナイテッドで8万9千、そしてなんとJALウエイズが9万という金額です。

 先ほどは15万で計算しましたから、差額は6万円となり、もし格安チケットが確保できれば、明らかに個人旅行の方が安いことになります。

 ということは結論から言うと、HISではツアーより航空券を購入した方が安いということになりますが、いかがでしょうか。もともとツアーの代金が18万前後という設定そのものが、私には高いと感じられます。

 これだけの値段を出すなら、ホテルはもう少しグレードが高くても良いのかなと思えます。

 ただし改めて以上の文章を読み返してみて、個人旅行のホテル代に税金等が含まれていないことを発見しました。そこまで考えると、差はもう少し縮小する気がします。


表紙に戻る 旅行計画の表紙に戻る 航空券の種類へ