リアル・ア・ガストロパブ

場所

 ワードの映画館前の道をスポーツオーソリティ方面に歩いていくと、映画館の建物のはずれから駐車場となります。その駐車場の右側手前にこの店があります。

地図

利用時期

 2015年

店の規模

 店内は50人ぐらいでしょうか?詳細に確認してません。私は店外のオープンエアのテーブルを利用しました。ここには15名ぐらい分の席があります

雰囲気

 入店しようかどうか悩んでいるときも、傍らを次々と欧米人が店内に入って行きました。店内からは欧米人特有の陽気な会話の声が聞こえていました

味、量

 ビールは種類が多く選択に悩みますが、好みがあればそれを伝えるとお勧めを選んでくれます。料理の方は量がありちょっと脂っこくて、私の胃には辛かったです。

予算
 
 輸入ビールを飲んだので結構高いようにも感じましたが、おいしかったので問題無しです。下に書いたように、ビール2本と料理1品で27ドル。日本円で考えると高い気もしますが、最近のハワイではリーズナブルかな思います

お勧め度

 ビール好きなら一度入ってみると良いと思います。ただし一人だとちょっと辛いと思います。日本人と欧米人が混在したグループも結構利用しているみたいです。

料理

リアル・ガストロパブ 入り口付近
 以下旅行記を参考にしています。

 お店は赤茶色の概観。入り口左側に小さなカウンターがあって、案内のお姉さんがいます。カウンターの上にはメニューがのっていました。

 「ちょっとメニューを見せてください」とお願いして内容確認。しかし私が知っているような銘柄はほとんどなし。

 これじゃあ無理かあ、とおもったのですが、折角来たのだから、せめてビール1本でもと思って回りを見回すと、店の外にもオープンエアのテーブルがいくつかあったので、そこを指し示して着席。
リアルガストロパブの「フィッシュ&チップス」
 するとお姉さんは店の中に入り、男性の店員さんを呼んできてくれました。どうやら案内係りと注文受付は別になるようです。

 この男性店員さんに、「私はバドワイザーのような軽いビールが好みなんだけど」と伝えると、「じゃあこれが良い」と教えてくれたので、素直にそれを選択。

 さらに食事のメニューから「写真のようなフィッシュ&チップス」を選びましたが、ちょっと脂っこかったです。

 さらにもう1本別のビールを飲みましたが、それぞれ味の個性がよく分かり、おいしかったです。ちなみに料金は、ビール二本とフィッシュ&チップスでチップ混み27ドルを払ってきました。


ハワイの表紙へ 洋食レストラン