TRファイヤーグリル

場所

 ワイキキの中央にあるフードパントリーの隣、以前はオハナイーストというホテルがあり、その1階にチリズという店があったのですが、ホテルそのものが全面改装し、それに伴ってこのお店も一新されました

地図

利用時期

 2017年

店の規模

 店内は結構広いです。表から見えるテーブル席と奥の方にもテーブル席がありました。たぶん収容人数は60人以上だと思われます

雰囲気

 まだできたばかりの店で、店員さんにもやる気が感じられました。一人でも違和感なく利用できました

味、量

 ステーキを食べましたが、量はちょうどよいぐらい。ただソースの味は私の舌とは少しだけずれていました。ケチャップ味が含まれていたような気がします。

予算
 
 ヒルトン・ガーデンインというできたばっかりのホテルの1階にできた店で、ヒルトンブランドを意識したのか、チリズはファミレスという雰囲気でしたが店で、こちらはちょっと高級なレストランという雰囲気です。

 というわけで予算もそれなり、アルコール類を頼まなくても、税、チップを含めて一人30〜50ドルになると思います。

お勧め度

 上にも書いたように、できたばかりでお店側もやる気十分です。落ち着いた大人の雰囲気なのでカップルで利用するのがベストかなと思われます。家族連れの場合は、ちょっと雰囲気が違うと思われます。

料理

 以下旅行記を加筆修正しました。

 フードパントリー側から見ると、以前チリズがあったときと同じ交差点角に入り口があります。表に出ていたメニューを確認して「まあこれならいいか」と思ったのが「フランクステーキ」と書かれたもの。8オンス(200gちょっと)の肉で32ドルというのがありました。

 早速入店し、入り口を入ったところにいたお姉さんい、「一人です」と伝えて、店内右奥の席に案内してもらいました。お店の従業員さんは親切で、焼き加減を聞かれたので「ミディアム」と答えましたが、出てきたものはちょっと焼きすぎの感じがしました。

TRファイヤーグリルのフランクステーキ

 「ミディアムレア」と答えるのが私好みの硬さだなと学習しました。また、出てきた料理は、味覚に若干異常があるせいかソースの味がちょっといまいち。

 オニオンとニンジンが入った、ちょっとケチャップ味っぽいソースでした。付け合わせのマッシュポテトが主食となりました。チップを含めて40ドル払って帰ってきました。

 この料理だけでは何とも言えませんが、店そのものの雰囲気は良好。お客さんもそこそこ入っていたので、違うメニューだったらもう少しおいしいものがあったのかもしれません。


ハワイの表紙へ 洋食レストラン