エッグスン・シングス

エッグスン・シングス パンケーキ
上はテークアウトしたもの
テークアウトには若干料金が
上乗せされます
エッグスン・シングス シロップ
定番のシロップ、左が普通のもの
右はイチゴ味
エッグスン・シングス パンケーキ
右がアーリーライザースペシャル
左は下のオムレツに
ついてきたパンケーキ
エッグスン・シングス オムレツ
食べかけの巨大オムレツ
エッグスン・シングス シロップ
好みに合わせたシロップ他

 以下の記述は、旧カラカウア店のときのものです。現状とは異なっている部分があると思います。

 ハワイではひじょうに有名なパンケーキの専門店です。

 土日、平日を問わず、私が行く夏休みの時期はいつも朝早くから行列が出来ています。テークアウトも出来ます。

 店の前に人がいようがいまいが、とりあえず店内に入ると、すぐそこがレジです。

 店内で食べるときは、すいていれば係りの女性に人数を、混んでいるときは人数と名前をノートに書いてもらい店外で待ちます。

 持ち帰りの場合はレジで欲しいものを注文し、名前を告げやはり外で待ちます。

 メニューは結構たくさんあります。しかし8時前だとスペシャルメニューがあるので、なんとか早起きして行ったほうが良いと思います。

 ちなみに
アーリーライザースペシャルというのがパンケーキ3枚と卵2つ分のスクランブルエッグで4ドルぐらい。

 パンケーキは評判通り柔らかくふかふかしていて絶品。ただし4枚以上は、しつこくなって私は食べられませんでした。

 なお4ドルというのは料理の代金であって、これに飲み物をつけると全部で6ドルぐらいになります。

 ガイドブック等では安い、と書かれていますが、よ〜く考えるとそうでもないです。でも味や量を考えるとコストパフォーマンスは優れています。

 8時を過ぎると通常料金のメニューになりますので、最低5ドルぐらい。これに飲み物をつけたりすると、税込みやチップを含めて結構な額になります。

 早起きするに限ります。子供はパンケーキが好きなので、
ファミリー向きの店です。

 このお店、2001年に火災があり、しばらく閉鎖していましたが2003年にリニューアルオープン。

 店の場所や広さは変わりませんが内装が新しくなりました。また店の前で待つ時も呼び出しの機械を持つようになり、入店がスムーズです。

 2003年、久しぶりに来ましたが、我が家はここに来るとアーリーバードスペシャルしか頼まないので他のメニューはよくわかりません。

 今回気がついたのは、アーリーバードの内容と値段が変更されていたこと。以前はパンケーキ2枚と玉子で$2.99だったのが、パンケーキ3枚と玉子になり、値段も$3.75と上がってしまいました。子供用にはキッズメニューとしてパンケーキ2枚で$2.75のものがありました。

 我々は今回2回行きましたが、7時を境にして混雑の度合いがどっと変わることに気がつきました。

 味は以前と同じ。パンケーキはしっとりとそれでいてもちもちした感じがあります。これにかけるシロップも何種類か用意されていて、好みで自由に味付けできる。店内は火災にあった分きれいに改装され、美しいレストランに変貌しました。 

2004年の旅行では7時45分ぐらいに店につきましたが、すでに30人ぐらい待ちでした。入店できたのは30分後ですが、周囲の日本人の会話を聞いていると、それ以上待たされている家族もいるようでした。

 やはり早起きするに限ります。ちなみに我々が食事を終わっても、まだ店の前には依然として多数の人が待っていました。


 機械の呼び出しで店内に入り、このときは通常のアーリーライザースペシャルと、たまにはちょっと変わったものということでホーレンソー、ベーコン、チェダーチーズのオムレツを注文。これにコーヒーやグアバのスクイーズジュースをつけて、チップ込みで約21ドル。

 オムレツはひじょうに大きく、これにさらに3枚のパンケーキがついています。この3枚を息子に譲り、私はオムレツを専門に食べました。味はいいのですが、ともかく巨大。この日の昼食にまで影響しました。

 2005年には、あまりの混雑で店員さんの態度に乱暴さと粗雑さを感じました。しかもテーブル間の距離も狭く、混んでいるせいで落ち着いて食事をする事が出来ません。

 私がいつも宿泊するバニヤンからではバスで行くことしか出来ず、バス料金まで考慮すると、来年は行かないかもしれないなあ、と感じています。

 2009年、店はサラトガ通りに移転していました。2階がお店です。バスで通り過ぎるたびに見ていましたが、1階の歩道に空席待ちのお客さんが常時10〜30人ぐらいいて、人気のほどがうかがえます。



洋食レストラン


トップページへ