CJ’S

場所

 ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ内

地図


大きな地図で見る

利用時期

 2004年

店の規模

 20〜30人ぐらい

雰囲気

 高級感を追究しているヒルトンのレストランの中で、比較的気軽に食べられます。欧米人の利用が多い

味、量

 味は普通、量は若干多いぐらい

予算
 
 10〜20ドル

お勧め度

 ヒルトンのレストランの価格は、どこも結構高いので、安く洋食を食べたい人向き

料理

ヒルトン・ハワイアンビレッジ内のCJ'S
 本当は「ワイラナ・コーヒー・ハウス」に行くつもりだったのですが、店の前までお客さんがあふれ出ていて、子連れで待つ根性がなくヒルトン内の店を探すことにしました。

 もちろんワイラナの代わりですから、それなりのカジュアル店を見つけないといけません。

 ヒルトンのレストランは高い、というイメージがあって敬遠気味だったのですが、ここはなかなかチープでした。

 ニューヨークスタイルのチョップステーキに御飯をつけてもらい、家族3人でシェアしました。チョップステーキというのは、細切れの肉を固めたもので、ハンバーグに近いかもしれません。
CJ'Sのニューヨークスタイルチョップステーキ
 重さが335g、という所に引かれました。帰国が近かったので、最後にステーキを食べておこうという気持ちでした。

 味はまあまあで、それなりに楽しめましたが、本当のステーキとはちょっと違う噛み応えです。13.95ドルでした。

 お客さんはほとんど欧米人で空いている席も一杯あったのですが、やはり言葉の壁を感じるのでしょうか。日本人はほとんど見かけず、隣のラーメン屋さんで行列を作っていました。


ハワイの表紙へ 洋食レストラン