リトル・ビレッジ

場所

 チャイナタウンのノース・ホテル通りとスミス通りの交差点を、山側に歩いて50mぐらいの右側 

地図


大きな地図で見る

利用時期

2015年、2017年

店の規模

100人ぐらいは大丈夫そうです

雰囲気

 日本のファミレス「バーミヤン」を思い出しました。カジュアルな中国料理店です。店の規模もバーミヤンと同じぐらい。但し料理の質は本格的。カジュアルでありながら本格的な中国料理を楽しめると感じました。

 店内はアジア系の人たちで大混雑でしたから人気があるんだなと思いました

味、量

 味はかなりよし。横浜中華街のお店と同等と思えました。量はハワイですから日本より2割ぐらい多いかんじ。

予算

10〜20ドルぐらい

お勧め度

 個人的にチャイナタウン周辺のレストランを利用した経験が少ないので、他の店と比較は出来ませんが、上に書いたように気軽に本格的な料理を楽しむことが出来そうです。

料理

リトルビレッジの海鮮ヌードル

 ドアを開けると、左奥に広がりのあるファミレスぐらいの広さの店で、同時刻の周囲のお店とは全然賑わいが違っていました。

 「これじゃあ一人じゃ無理かな」と思ったのですが、二人がけ席が一つだけ空いていて着席。

 メニューを見て頼んだのが「海鮮焼きソバ」。値段が約11ドルで高いのですが、写真のように量もたっぷりで野菜も食べることが出来大満足。

 麺はパリパリしている硬い麺。これに様々な具材があんかけのように乗っていました。食べ過ぎだなとは思いましたが、おいしかったので完食。

 メニューは写真付きですから、英語が出来なくても指させば大丈夫。ここはオススメできます。また行きたいです。

 2017年も利用し、結局上記と同じ海鮮焼きそばを食べましたが、量が多くて食べきれませんでした。風邪をひいて病み上がりだった影響もあります。

 支払いになってクレジットカードで払おうとしたら、店員さんが端末を持ってきて、チップの額を15%、18%、20%から選ぶような形になっていました。

 店員さんが見ているので選びにくいなと感じましたが、とりあえず18%を選択。心理的に何となくいやだなと感じました。

ハワイの表紙へ 中国料理他