滞在時の貴重品保管

 バケーションレンタルのコンドミニアムを気に入って使っていますが、その利点は以下の通りです。

・ 部屋が広い
・ ソファーベッドがある
・ キッチンの設備が充実している
・ 自分の部屋のように暮らす感覚を満喫できる

という定番の理由のほかに、

・ 滞在中基本的に他人が部屋に入ることはない

というメリットが大きいと思っています。一方デメリットとしては

・ ベッドメーキング等は自分で行う必要がある
・ ゴミ捨てや場合によっては掃除をする必要性もある

というデメリットのほかに

・ セーフティーボックス等がない

という問題があります。

 その場合、現金(日本円や外貨)、クレジットカード、パスポート、帰国時に使用するeチケット等の貴重品はどこに保管するか?という問題が生じます。

 この点について、先ずコンドミニアム側ではエントランスのドアを強固にして、なおかつ警備員さんを常駐させるところが多いです。

 私が以前良く利用していたワイキキバニヤンあたりでは、このあたりがちょっと不安に感じられますが、バニヤンもロータリーのアラワイ運河側に、警備員さんの詰め所があります。

 外からは見えませんが、中からは見えているようで、出入りしている人を監視しています。

 しかしその気になれば、どのコンドミニアムでもそうですが、駐車場やランドリーあたりから直接コンドミニアム内に侵入することもできる場合があります。

 そういった場合を想定してか、部屋の入り口の鍵は、日本の家屋よりもかなり頑丈に作られています。またドアもちょっとそっとの力では壊れない強さがありそうです。

 一方、私も時々不安を感じるのですが、ラナイから、窓やラナイ掃除を装って部屋に侵入することも可能だなと思っています。

 そのため外出時はラナイ側の窓の鍵はきちんとかけています。またカーテンを開けている場合は、室内にある貴重品が見えないような配慮もしています。

 以上のような配慮を行いつつ、セーフティボックスが室内にない場合どうするかという問題が生じるわけですが、基本的には以下の三つの方法しかないように思います。
 


ハワイの表紙 準備編(2)の表紙に戻る 具体的対策