ハワイの情報収集(書籍編)

 私が2週間という中期滞在に目覚めた頃読みあさった本です。ほとんどの本が古くなってしまいました。

お気楽ハワイ道(舵社)

ぎゅっとハワイ お気楽ハワイ道

ぎゅっとハワイ お気楽ハワイ道
価格:1,028円(税込、送料別)

 ハワイをとことん楽しむための本。分かりやすく丁寧に誰が読んでも楽しめる構成。行く前に読んでおくと便利なこと間違いなしです。

 ちょっと分厚いので持っていくのは不便。しかしその分内容が濃いです。ただしハワイ旅行の予備知識無しに読んでも、わかりずらい部分があるかもしれません。

 ガイドブックでハワイ旅行の基本的な知識を理解してから読むと、この本の中身の濃さをあらためて認識できます。

 ちょっとハワイに慣れてきたら、内容がよく分かります。個人的には一押しの本ですが、続編が出ていないので、な要は徐々に古くなっています。


ハワイ 子連れ旅行ガイド(小学館)

 高木芳則さんという子連れ旅行の達人とアロハクラブの共同著書という形になっています。

 ハワイへ子連れで行くときの注意点、アドバイスが詳しく丁寧にまとめられています。私のサイトもできればこの本のような情報を提供できればいいなと考えています。

 ただし、お気楽ハワイ道同様、情報がちょっと古くなっているかもしれません。なにしろここ10年くらいで、ハワイの物価は急上昇し、全世界的な不況になり、観光客が減少。

 そのためハワイでもお店の入れ替わりが、今年も続いています。その意味では、この本は子連れで行くときの注意点という点に割り切って購入しないといけないのかもしれません


ハワイイ紀行

ハワイイ紀行完全版 [ 池澤夏樹 ]

ハワイイ紀行完全版 [ 池澤夏樹 ]
価格:1,069円(税込、送料込)

 ハワイの歴史やフラの意味等について、非常に詳細にわかりやすく書かれた本。ただし、単なる観光案内書ではないので、ハワイについて強い関心を持っている人でないと、途中で読み疲れてしまうかも。

 実際、単にリゾート地として行くだけなら別段知る必要のないことが多く書かれています。しかし、現地の人とのより深い交流やハワイの文化について興味のある人は絶対に読まなければ行けない本だと思います。この本を読んでからハワイに対する見方がずいぶん変わったように思います。

 以前は単行本だったのですが、文庫本も出版されました。


Maui RevealedまたはOahu Revealed(Wizard Publications)

Oahu Revealed: The Ultimate Guide to Honolulu, …

Oahu Revealed: The Ultimate Guide to Honolulu, …
価格:2,954円(税込、送料込)

 洋書です。当然中は英語のみ。ただどこかのサイトの紹介文で、写真がきれいでそれを見ているだけでも参考になる、と書いてあったので、アマゾンで購入しました。定価は14.95ドルとなっています。ほぼ1週間で本が送られてきました。

 女房曰く「本当に英語だけだ」。まさにその通り。でも写真はたしかに美しく、有名なアコモの上空からの写真は見ごたえがあります。

 また使われている英語は高校生ぐらいの読解力があれば、半分ぐらいは分かりそうです(私の実力)。ちょっとした熟語が訳しにくいのですが、お世辞を言わずに本音で批評をしていることが分かります。

 このシリーズにはハワイ島やオアフ島もあります。日本のガイドブックでは紹介されていないビーチやレストランの情報があり、ハワイに慣れてきた人には必携の本だと思います。

 オアフ島もやハワイ島、p購入済みです。日本のガイドブックでは紹介されていない絶景ポイントやレストランが掲載されていて便利です。


表紙に戻る 準備編の表紙に戻る 情報書籍(2)