ハワイへの食品持込について

持込が禁止されているもの

・ 牛肉、豚肉、鶏肉
・ 肉のエキス、加工品(肉に関するものすべて)
・ 乳製品
・ 卵製品、ふりかけのノリタマ
・ 生の果物と野菜、機内食の果物や野菜
・ 植物


分かりにくいが、持込が禁止されているもの

・ カップ麺、インスタント麺
・ レトルトカレー、カレールー
・ ふりかけ
・ チキンブイヨン
・ インスタントスープ
・ 一部のポテトチップ


税関職員が判別する方法

・ 探知犬の所作
・ 申告書のチェック
・ 口頭による確認
・ 現物を見たときは、肉、エキス等の文字


禁止されていないもの

・ 米(日本の農政事務所に届出の必要性あり)
・ あずき、大豆、梅干
・ 魚肉(鮮魚、干物)、魚卵
・ 海草(のり、昆布、わかめ等)
・ 鮭フレーク瓶詰め
・ 缶詰
・ 肉類を除いた真空パック製品
・ 未開封の粉ミルク
・ 漬物
・ ベーカリー類
・ 発酵乳製品(チーズ、バター、ヨーグルト)
・ 片栗粉等の粉類
・ 調味料等(油、酢、からし、ケチャップ、ピクルス、シロップ、蜂蜜、ゼリー、ジャム、塩、胡椒、砂糖、しょうゆ等)
・ 菓子類(但し一部成分表示に注意)、キャンディー、チョコレート
・ 焙煎したコーヒー豆、ナッツ類
・ マツタケ、トリュフ、マッシュルーム
・ お茶
・ スパイス
・ 医薬品、医療器具(但し特殊な睡眠薬や精神安定剤等、特殊な薬は申告が必要)
・ 21歳以上の場合、1リットル以内のアルコール


関税申告書の書き方

・ 食品持ち込みありにチェック
・ 係員に中身を聞かれたら英語で答える


未申告で持込が判明した場合

・ 500ドルの制裁金


申告して現物を見たら違反物があった場合

・ その場で所持を放棄すれば問題なさそうです


追記

・ 食品以外にもいろいろと規制があることが分かりました。詳細はジェトロの「米国入国時における税関国境保護局による検査について」というファイルが詳しいです。

・ いちいち申告するのは面倒で、ばれなければ良いという考え方もありますが、今回いろいろ調べてみて、きちんと申告したほうが良いなと感じました。

・ もちろん現地で食材を調達するのが一番で、そのほうが異国の食べ物を食べられるというメリットもあります。


表紙に戻る 準備編の表紙に戻る 持ち込んでいる食品