コンドミニアムの料理・食品関係

 4泊6日程度のコンドミニアム暮らしの場合は必要ではないと思いますが、日程が1週間を越える場合や料理が好きな人や和食党の人は、日本にいるときから準備をしておいた方が経済的です。

 ただし和食の材料もワイキキのフードパントリーあたりで、ほとんど購入できます。従って荷物にならない範囲で、携帯用の小さな物を持っていけば充分です。

 またセキュリティの関係上、様々なものが持ち込み禁止になっていますので、事前に注意が必要です。

 1週間程度の旅行では食材以外で調味料等を購入しなければならなかったりするので、結構不経済であることも知っておく必要があります。

 ただしキッチンでお湯を沸かしたり、ちょっと目玉焼きを作ったり、コーヒーメーカーでコーヒーを入れたりして、それを持ってラナイで食事、というのはコンドミニアムならではの贅沢だと思っていますので、そういった軽食に限定してコンドミニアムを利用する考え方もあると思います。

調理道具
 包丁(以前は切れないものが多かったのですが、最近は良くなっています)、箸、ざる(これも以前は目の細かいものがないため、ソーメンで苦労しましたが、最近は用意されている場合も多いです。従って持参する必要はありません。

 まな板やその他の調理道具も用意されています。食器類はそのコンドミニアムの定員分のものがあらかじめ用意
されています。ただしメンテナンスが悪い部屋だと、食器の種類がバラバラだったりします。
  
インスタント
食品

 インスタントラーメン、カップラーメン、レトルトカレー(両者とも現地で手に入りますし、最近は食べ物関係は国外持ち出しにいろいろ制約があります)ただ現地の方が価格が高いですね。

 ハワイで食べるインスタントラーメンは、暑いせいか塩味がやけに美味しく感じられます。その意味ではインスタント味噌汁もおいしく感じられます

蕎麦等の
乾麺

 そば、うどん、スパゲッテイ、ソーメン、ヒヤムギ等、持参してもいいですし、現地でも値段は高くなりますが売っています。

 なお「めんつゆ」は液体なので持っていけないと思うのですが、やはりハワイではかなり高価です。

袋入り調味料
香辛料

 以下必要に応じて 

 醤油、ソース、塩、芥子、わさび、しょうが、だし、七味、胡椒,、マヨネーズ、ポン酢、めんつゆ、(日本にいるとき、弁当についてくる醤油の袋なんかを冷蔵庫で保管し、旅行の時まとめて持っていきます)

 ケチャップ等は小袋のものが少ない?ので、現地で調達するしかないと思っています。砂糖なんかはABCでコーヒーを飲むとき、一袋ぐらいなら多めにもらっても良いかなと思いますが、ちょっとせこいですね。ケチャップもホットドッグを買うとき多めにもらっても良いかも。

 塩や砂糖は現地でハワイ特産のものが手に入りますので、最近はそのようにしています。余ったらお土産です。

 子連れの場合ふりかけ、海苔等
食事道具
 子供用の小さなスプーンやフォークはコンドミニアムには用意されていません。使い慣れたものを日本から持参した方が無難です
洗剤等
 食器洗い用の洗剤、スポンジ、手洗い用石鹸は、普通は用意されています。洗濯用の洗剤はないこともあります。
    

表紙に戻る 準備編の表紙に戻る 持ち込める食品