いつ、どこで両替すべきか

為替の変動

 為替は日々全世界的な要因と、人々の思惑で動いています。従って、信念があれば別ですが、基本的に先の予想はつかないと思っています。

 しかしながら円高に思えたときに両替して、その後円安に動いたとなれば、これは儲けたことになります。その場合再び円に両替すれば差益が出るからです。

 しかし両替すれば差益が出るのであって、ドルのまま持っていればハワイで使える額に変更はありません。ドル紙幣そのものの価格が変わるわけではないので。

 ただ円高でドルにたくさん換金できれば、ハワイでの観光では当然使える額が増えるので、なるべくなら円高の時に換金しておこう、と思っています。ただし自分が円高だと判断しても、さらに円高に振れるときもありますので、その場合は逆に損した印象を持つと思います。

 その辺の為替の変動で儲ける方法は、最近FX投資として脚光を浴びているようですが、私自身もよく知りませんのでここではこれ以上深入りしません。

 要するに自分が円高だと判断したときに両替すれば、気持ちの上でも納得できるし、その後円安になればお得感がさらに上乗せされると言うことです。

 2010年の夏は為替が円高傾向に振れていたので、旅行前に85円より円高にはならないだろうと考え87円ぐらいで両替しましたが、その後は85円を割り込む展開になり、ちょっと損してしまいました。

 2012年は円高が更に進み80円前後になりましたので、少し多めに両替して、ハワイの銀行に預けました。2012年の12月ぐらいから阿部政権に代わり、金融緩和というかけ声と共に1月下旬には90円を突破しています。

 さらに2013年4月には100円に迫る勢いです。昨年ハワイに預けたお金は、日本に持ち帰って円に戻せば若干利益が出ますが、基本的には今後ハワイに行ったときの生活費に充てようと思っています。

 そして現在2014年2月ですが、為替は103円前後にまで円安が進んでいます。
 

クレジット・カード

 クレジットカードは公表されているレートではなく、カードを運営している会社(VISAやJCB)が、日々のレートを決定しています。従ってどのカードが得かと言うことは、かなり詳細に調べないと分からないと思います。

 しかし実際にハワイでカードを使って払った印象では、クレジットカード使用が一番得になりました。たぶん片道1円50銭ぐらいの差ではないかと思われます。日本の銀行では片道3円、ハワイの両替所では片道1円75銭から2円ぐらいだと思います。

 またクレジットカードにはマイレージを組み合わせることも出来るので、その分がさらに得になります。ただハワイ便は人気があるので、マイレージのポイントを使って特典航空券を得るのは相当大変です。従って貯めた分は他の旅行で使うという方法が多いかもしれません。

 クレジットのデメリットは、帰国後に一気に請求が来ることです。こればっかりはどうしようもないのですが、ついつい気持ちよく使っていると後でとんでもないことになります。

 ちなみに私は以前は日本信販のVISAを主要カードにしていましたが、今は楽天のVISAカードを使っています。ポイントがたまりやすいというのが最大の理由です。

 さらに2013年からはアメックスの「スカイトラベラーカード」というのを主に使うようになりました。理由はカードのポイントが1ポイントで1マイルの還元率だからです。

 またJALのマイレージを貯める目的と、JCBのトロリーやJCBプラザを使う関係で、JALマイレージカードをJCBにして使っています。(2015年にこのカードからは退会。今は横浜インビテーションカードにしました)

 なおVISAやJCB、AMEXはそれぞれレートが異なり、さらに外国通貨の場合換算手数料が若干上乗せされるようです。このことまで考慮してレートを比較すると、VISAが一番得なように思えます。


ハワイの銀行

 蛇足ですが、為替の変動リスクを避ける?ために、私はハワイの銀行(セントラル・パシフィック・バンク)に口座を作りました。ここに適当な額を預金しておき、滞在中必要になったとき少額ずつ引き出して利用しています。

 これによって遊んでいる最中も大金を持ち歩かなくて済むので助かっています。また2010年の夏は、旅行前より旅行中がより円高になったので、買い物はクレジットカードを使い、持参した現金の7割ぐらいを銀行口座に預金しました。

 将来円安傾向になったときのリスク回避です。ちなみに銀行でも両替できますが、レートはやはり悪いみたいなので、日本円をハワイに持ち込んだときは、DFSやその近辺、さらにハイアットリージェンシー裏の両替所で両替し、そのドルを銀行に預けるという方法をとっています。

 なお上記のセントラル・パシフィック・バンクはハイアットリージェンシー横に支店があり、ここで口座開設等の手続をしてくれます。ほとんどの方が日本語を話しますので、かなり気持ちは楽ですし、日本と違って空いていることが多いです。

 預金時は私はカウンターでお願いして、必要な額はATMを使って引き出しています。


表紙に戻る 準備編の表紙に戻る 日本とハワイの両替所