フリープラン保険料を比較

 ここからは保険金額を自分で自由に決められるフリープランの保険を選ぶと、各保険会社の保険料はいくらぐらいになるかということを、2015年11月時点で調べた結果を掲載します。

 元になるのは前ページで書いた保険市場という保険の比較紹介サイトを経由して、各保険会社へのリンクをたどり、そこでフリープランのシミュレーションをした結果です。(フリープランの無い会社は除外しました)

 モデルプランとして、ハワイ旅行8泊10日を設定。旅行者は一人。目的は観光。持病等は特に無いと言う理想的な体力の持ち主を想定しています。出発日は12月1日を設定。

 一番下段の保険料が実際に支払う額で、それ以外の数字は補償額で、単位は万円です。また航空機遅延や手荷物遅延については考慮していません。

保ジャパン「Off!」 

私の希望金額 off!
最低金額 最高金額 最低金額 最高金額
傷害死亡 0 500 0 5000
傷害後遺障害 500 2000 500 5000
治療費用 200 2000 500 2000
救援費用 50 200 0 2000
疾病死亡 0 500 0 3000
個人賠償責任 0 1000 0 10000
携行品 0 10 0 100
保険料 1750 7590


 要するに病気や怪我だけを考えて保険に加入する場合は1850円、金額を増やしそれ以外のすべてに対応できるプランなら、保険金額は7590円になります。

 フリープランの場合は、こういった金額を自分でで自由に調整できます。以下同様の形式で他の保険会社も試算しています。

ジェイアイ傷害火災「t@biho」

私の希望金額 t@biho
最低金額 最高金額 最低金額 最高金額
傷害死亡 0 500 0 3000
傷害後遺障害 500 2000 0 3000
治療費用 200 2000 1000 10000
救援費用 50 200 1000 10000
疾病死亡 0 500 0 1000
個人賠償責任 0 1000 0 10000
携行品 0 10 0 30
保険料 2030 4180

 
 注:救援費用は治療費用の項目とセットになっています。

AIU保険

私の希望金額 AIU
最低金額 最高金額 最低金額 最高金額
傷害死亡 0 500 1000 3000
傷害後遺障害 500 2000 1000 3000
治療費用 200 2000 300 600
救援費用 50 200 0 700
疾病死亡 0 500 0 2000
個人賠償責任 0 1000 0 10000
携行品 0 10 0 30
保険料 4070 8780


 AIUの保険料金はかなり割高に思えますが、その理由は「持病があっても加入ができる」という部分に特徴があるからだと解釈しています。


ハワイの表紙に戻る 準備編の表紙に戻る まとめ