アメックス「スカイトラベラーカード」

 2013年2月、広告で気になっていたアメックスの「スカイトラベラーカード」というのを申し込んでみました。

 宣伝するわけではありませんが、特定の航空会社を1社指定して、そこから航空券を購入すると、その会社のマイレージポイントが通常の3倍になるということに魅力を感じました。 (今は指定しなくても良い制度になりました)

 なお通常の買い物ポイントも100円で1ポイントになりますので、他のカードより換算率が良いです。

 というわけで、実は以前ANAのゴールドカードに申し込んだことがあるのですが、勤続年数や年収欄で、その時は非常勤講師の収入のみで、1年契約となっていて、年収もそれなりだったためか、正直に申告したら×の返事で、今の就業形態じゃ駄目なんだとちょっと落ち込みました。

 しかしこのカードが出たことで、前回落ちて良かったと思うようになりました。ものは考えようです。

 今回は申請欄に資産(家屋や預貯金額)の欄もあり、年収も来年からは(年金+個人年金+副収入)という計算で、これまでより収支がかなり改善するので、もしかしたらと思い試しに申し込んでみました。

 するとキャンペーン期間中だったせいでしょうか。あっと言う間に返信があり、無事審査通過。ほっとしました。あとはこれから最終手続をして、来週以降から早速買い物で使わせてもらう予定です。

 なお今はキャンペーン中と言うことで、入会時に3000ポイント、最初のフライトで5000ポイントがもらえます。

 また指定した航空会社から、例えば20万円の航空券を購入すると2000×3=6000ポイントがもらえますので、いきなり14000ポイントがたまります。 (すでに1年が経過40000ポイント以上たまりました)

 ちなみに対象となっている航空会社は14社。ハワイ関係ではANA、チャイナ、デルタ等が含まれています。

 これらの航空会社のマイレージに1ポイント1マイルで移行できます。

 書き忘れました。年会費が10500円で、ゴールドカード並みに高いです。(でもカードの色は青です)またANAへのポイント移行手数料は5250円かかります。高いと言えば高いのですが、ポイント還元率を考えるとかなり有利です。

 それでもそういった手数料が嫌なら、デルタやチャイナを選べばいいわけです。問題なのはハワイはマイレージで座席を取得するのが夏休みはひじょうに厳しいので、場合によってはマイレージの持ち腐れと言うことにもなってしまいます。

 その意味では、移行する航空会社は、より汎用性の広い、自分の行きたいハワイ以外の場所にも路線のある航空会社を選んだ方がよいのかもしれません。

 その他のスカイトラベラーカードのメリットですが、マイレージポイント以外では、空港ラウンジの利用が大きいと思います。

 ただ国内のラウンジはほぼ全域をカバーしているものの、海外はハワイとソウルしかありません。これはデメリットかもしれません。しかし同伴者は1名までは無料だということと、ハワイのラウンジが使えるのは、ちょっと嬉しいかなと思えます。

 また帰国時に空港からスーツケース1個を自宅まで無料で配送するサービスもあります。すでに一度利用しましたが結構便利です。翌日に到着しました。

 あとこの手のクレジットカードでいつも気になるのは、海外旅行傷害保険です。今私が持っている他のカードでは、保険はカード所有者のみにしかつかないので、毎回息子の保険をバラ掛けでかけていました。これが2週間で4000円前後です。

 しかしこのカードは配偶者や生計を共にする親族まで含まれますので、今後はこの4000円前後の金が不要になります。

 海外の場合の保険金額ですが、本人の場合死亡3000万、家族は1000万。これだけが金額が異なり、それ以外では傷害:100万、疾病:100万、賠償責任3000万、携行品:30万、救援者費用200万となっていて、疾病がちょっと少ないかなと言う気はしますが、とりあえず安心できる値です。

 この他到着便の遅延によって出費等が必要な場合の保証もあります。ETCもあるようなので、これはいずれ今使っているカードと入れ替えようと思います。


ハワイの表紙 ハワイ旅行の準備へ プレミアムカードへ