Airbnbというサイトで部屋を検索 

airbnb」というサイトを実際に見ています。予約をするためには登録が必要みたいですが、物件を探すだけなら可能です。

 早速仮の日程、9/4〜9/11という日程を入力して調べてみました。表示されたページを見ると、オアフ島の平均宿泊価格は18741円となっています。

 その下にバーがあって、これを移動させることによって宿泊価格を絞り込めるみたいです、そこで今仮に1泊を1.5万以内としてみました。

 すると検索結果が243件となっています。次に「まるまる貸し切り」というのと「個室」というのと「シェアルーム」というのがあったので、まるまる貸し切りを選択。

 個室とどこが違うのかと言うのが気になるところですが、たぶん個室は寝る場所が個室で、あとは共用となる宿泊タイプではないかと判断しました。

 これで件数が190件になりました。その下に写真入りで部屋が紹介されていますが、税金やサービス料は別だと書かれているので、価格をもう少し絞り込まないといけないことに気が付き、1.3万以内としてみました。

 すると97件に半減。と言うことは逆に言えば1.3〜1.5万の価格帯に90件ぐらいの物件があるということになりそうです。

 さらにインターネットと優良ホストというフィルターをかけてみると、なんと3件に激減。どうやら優良ホストと言う制限はかなり厳しいようです。

 しょうがないので、この制限を外し、ワイキキ地区を選ぶと82件。その中でレビュー数が多い1泊11800円ぐらいの部屋を見ると、1週間の総額が9.2万ぐらい。これで駐車場とwifiもついているようです。

 部屋の詳細な場所が書かれていないのですが、ワイキキパークハイツの裏あたりかなと言う雰囲気です。レビューはすべて英語ですが、一人旅に良さそうです。

 airbnb、ちょっと見直しています。VRBOと並行して考慮することができそうです。ただ紹介ページは日本語ですが、オーナーとのやり取りは英語になるのかもしれません。

 後日さらに具体的な物件を調べてみました。今見ているのはワイキキの西のはずれ、「ハワイアン・モナーク」というコンドミニアム。高層階のステューディオルームのようで、うれしいのは宿泊総額が1週間で8.6万ぐらい。

 1泊あたり1.43万は、今どきのハワイとしては破格?理由はたぶんロケーション。目の前にドンキ方面のバス停はありますが、アラモアナ・ワード方面はちょっと行きにくい。

 ワイキキ市街にも、常にバスを使って移動することになりそう。(と言っても片道1〜1.5kmぐらいで、歩けない距離ではありません)

 ビーチも遠いので、どちらかと言えば買い物主体とか留学生向きでしょうか?レンタカーを駆使出来れば、ロケーションのハンデは帳消しになりそう。

 私自身の今後の旅行形態がどうなるか予想もつきませんが、少なくとも現在の宿泊費用水準は高すぎるので、選択肢は三つ。

1 ハワイ旅行を今後は自粛する

2 多少ロケーションの悪さを覚悟しながら部屋の居心地が良い、ちょっと安いコンドミニアムを選ぶ

3 将来の資産の目減りを覚悟して、これまで同様の1泊1.5〜2万円の部屋を探す

 気分的には1の選択肢は今は考えたくないので、やはり2かなと言う気がしています。


ハワイの表紙に戻る VRBOの利用方法