VRBOの格安物件? 

 以下ブログの記事を加筆修正したものです。

 2016年3月ハワイの実現可能性を探るために、2015年9月時点で「VRBO」のサイトを見て、候補になりそうな部屋を探しています。日程は仮日程の3/15〜3/26です。

 まずは上記リンク先のページで日程を入力。次にワイキキ地区を選択。ここまでで636室あります。ここから「More filters」というタグをクリックして、希望条件を入力。

 まずは価格。最低価格を1泊70ドル、最高価格を1泊125ドルとしました。すると候補はあっという間に131室に減少。

 さらに設備に必要なものとしてwifiを指定すると120室、エアコンを指定すると117室、ペットは認められないを指定して107室(喘息持ちなので、動物の影響で喘息が出ることがあります)、そして禁煙室を指定して105室。

 テレビを指定して86室。(ということはテレビがない部屋があるんでしょうか?)

 これでホットタブを指定すると24室になってしまうので、ここは我慢します。またオーシャンビュー等のロケーションも指定できますが、余りこだわっていないので、とりあえず一覧を表示させます。

 表示させたものを、ページの上のほうにある「Sort by」というタグを使って「Review count」で並べ替えます。レビュー数が多いものは人気があると判断しているからです。

 後はこれを一つずつ見て行き、好みのものがあるかどうかを調べればよいだけです

パシフィックモナーク

 最初にざ〜っと見て、「パシフィックモナーク」で1泊71ドルという信じられない価格の部屋を発見。

 しかし安いものにはだいたい問題がありますので、それはいったい何か?ということを、英語の説明文から読み取ろうと今冒頭から読み始めました。

 するとあっという間に事情が判明?説明文の冒頭に、VRBOが提示している価格は正しくない場合がある。オーナーにメールを出して、正確な価格を確認したうえで予約を行なってください、というような一文がありました。

 ということは、実際にはもっと高額な料金が提示される可能性が高いわけで、いくらレビューカウントが多くて評価が良くても、その先の英語でのやり取りを考えると、日本人には不向きなものだなと判断しました。


Kalakauan

 あらためてレビュー数順に素直に見て行くと、トップが99ドルで「Kalakauan」というコンドミニアムでした。

 余り馴染みのない名前なので場所を調べて見ると、その昔エッグスンシングスが営業していた建物のように思えます。つまりワイキキの西のはずれです。セブンイレブンの近くと言っても良いかもしれません

 今年の夏「ロイヤルガーデン」を利用してよく分かったのですが、このあたりには気軽に食べられるレストランが少なく感じます。

 もちろん歩いてビーチウォーク等に行ける距離ですが、ビーチウォークのレストランは私には利用しずらい価格のお店が多いと思っています。 

 というわけで、次回の宿泊場所はやはりフードパントリーよりダイヤモンドヘッド側がいいなと思っています。逆に言えば、だからこそこのあたりのコンドミニアムの価格は安くなると思われるので、それで充分という人は結構利用価値の大きいコンドかもしれません。


マリンサーフ

 次がマリンサーフ17階の40m2ぐらいのステューディオ。便利な場所にあるコンドミニアムです。1泊が120ドル。駐車場やwifiが無料。

 VRBOでステューディオを探して行くと、1泊が120ドルを越すあたりから、ロケーションや設備の状態が良いコンドミニアムが増えるように思います。

 あえて問題がありそうだなと思えるのは、ベッドがクイーンサイズのように見えること。カップルだとちょっときついかも。一人旅向きだと思われます。ただ私の予算では120ドルはきつい。


マリーナ・タワー・ワイキキ

 さらに候補を探していくと、次の部屋は「マリーナタワー・ワイキキ」でした。

 場所はイリカイとアラモアナの間。ハワイプリンスホテルからアラモアナ通りを挟んだ山側。40階建てのなんと38階。駐車場つき。ただし部屋の広さは30m2ちょっと。クイーンサイズベッドとベッドになるアームチェアがあるそうで、1泊103ドル。

 窓からの景色は絶景で、部屋のメンテナンスも良さそうです。ただしレビューを読んで、時期的な難点が一つ。エレベーターが2基しかなく、片方がメンテナンス中だったことがあるようで、エレベーター前で長時間待たされたという記載がありました。

 またラナイはなさそう。どちらかといえば、旅行者向けというよりビジネスや留学者向けという印象です。


ハワイの表紙に戻る VRBOの利用方法 VRBOの格安物件(2)