VRBOの予約の流れ 

デポジットの返金

 部屋へのチェックインの方法やチェックアウトの方法等を何とか理解でき、後は出発するだけだと思っていた出発1週間ほど前、ふたたびオーナーからメールが来ました。

 内容は、添付ファイルの中身を確認して、サインをしてメールで送り返してね。と言うものです。「えっ、なんでこんな出発間際にメールが来たんだ?何か手違いでもあったのか?」と思いつつ添付ファイルを開けてみると

 契約書の内容でクレジットカードナンバーの一部が書かれていて、サインをする形になっています。金額の欄は200ドルとなっています。

 「えっこれはいったい何の請求だ?デポジットの200ドルはすでに支払い済みなのに、また請求?何かの手違いでは?」と思ったので、すぐに以下のように返信。(こうゆう予想外の事が起きたとき、英作文は頭を悩まします。公開するのも恥ずかしいのですが)

Aloha

I received this e-mail.
But I do not understand this $200.
I already sent you deposit $200 March 28 by e-mail.
So I think all payment was done.
Please teach me the meaning of this $200.
 
 要するに、すでに200ドルの引き落としの同意書類を3月に送っているので、今回の200ドルの意味を教えて欲しい、と書いたつもりです。それに対する返事は、以下のようなものでした。

this is not a payment I am asking from you !!!!!! you do not owe me any money.
because you already paid this at time of booking.

this is your refund ( I am returning $200 to you, because the security deposit you paid me is refundable if you do not damage the apartment).
this refund will go to your credit card account.
you will see this money in your credit card account.

 これは支払いを求めているモノではありません。あなたは何の負債もありません。何故なら予約時にすべてを払い終えているからです。

 これはあなたが支払い済みのデポジットをクレジットカードを使って返金するための書類です。従って滞在時に何もなければ、クレジットカードの口座への入金が確認できるはずです。

というもので、この200ドルは、支払いではなく、部屋にトラブルがなかった場合の返金用であり、チェックアウト後にクレジットカードを使って返金されるということです。

 確かに返金があることは知っていましたが、サインが必要だとは思っていませんでした。改めて最初に送られてきた書類を詳細に眺めると、上の方に「Return」(返金)という文字を発見。これで納得。納得しましたというメールを送り、サインをしてファックスで送付し、ようやく一安心です。


ハワイの表紙に戻る VRBOの利用方法 予約の流れのまとめ