VRBOの予約の流れ 

予約の終了

 サインをした契約書をファックスで送ってから、今度はメールで以下のような文章を送信。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Now I sent you rental agreement by fax.
If something wrong,please teach me.
So I send again.

One question
Maybe I will arrive at Honolulu airport about 8:00 early morning.
But your check-in time is 15:00.
So I want to keep my baggage somewhere and go out.
Is it possible?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 今、契約書をファックスで送りました。何か問題がありましたら教えて下さし。再度送信します。(自宅のファックスがマイラインに入っていたのかどうか不明だったのと、ファックスの送信自体を滅多にしないので、ちょっと不安でした)

 質問が一つ。たぶん私はホノルル空港に8時頃到着します。しかしチェックイン時間は午後3時となっています。そこで出来れば私のスーツケース類をどこかに預けて出かけたいのですが、それは可能ですか?

 という文章のつもりです。さて結果は以下のようなものでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Hi ****(私の名前です)

when you arrive , try be at condo at 10 AM, if the cleaner is still cleaning, you can leave your luggage inside, if the keys are already in the key box for you, you can open the door and check in early.
after I process your card payment, I will email you the check in instructions.
thank you for the faxed agreement
*****(オーナーの名前です)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 10時頃到着したとき、まだ室内クリーニングを行っていたら、スーツケース類は部屋の中に入れてそのまま外出してください。

 もし部屋のキーがすでに、入り口ドアのキーボックスに入っていたら、そのまま部屋に入って利用して構いません。

 この後私はファックスで送られた契約書でクレジットカードの支払いを確認後、あらためてチェックインの方法をメールで知らせます。

 ということで、スーツケースの問題は一段落。おまけにもしかすると早めに部屋に入れるかもという可能性も出てきました。(実際には朝10時に無事部屋にチェックインしてくつろいでいました)

 そしてこの後すぐに、デポジット200ドルをクレジットカードから引き落とすことを了解するための文書がメールで送られてきましたので、サインをしてファックスで送付。

 このあたり、全体の流れが見えないと、やりとりが面倒に感じられるかもしれません。整理すると

私:バケーション・レンタル・バイ・オーナーのページで良さそうなものを探し問い合わせ

オ:オーナーからOKの返事がある

私:予約したいと連絡

オ:予約のための細かい契約書が送付

私:契約書にサイン、クレジットカード引き落としの場合はクレジットカード番号の記入をしてファックスで送付

オ:ファックス受領のメールとデポジット引き落とし確認書類の送付(この段階でオーナーはクレジットカードが使用できるかどうかを調べているように思えます)

私:確認書類にサインをしてファックスで送付

オ:ファックス受領のメール

 ここまでで予約作業が終了。その後実際の予約前に残金引き落としのメールのやりとりがあります。私の場合、2013年3月に上記の過程を終了。(8月の宿泊に向けて)


ハワイの表紙に戻る VRBOの利用方法 キーボックスの使い方