ワイキキ・バニヤンの欠点?

 バニヤンをレンタルして、ホテル等に比べて、これは不便だとか、ここは改善して欲しいなと思うことをまとめてみました。

 もちろんこれらの欠点はその部屋を管理しているオーナーや管理会社の考え方によっても違いますので、すべての部屋に同じような欠点があるとは思えません。

 逆に言うと、部屋によってグレードにばらつきがある、と言うのがバケーションレンタルで借りる場合の欠点かもしれません。その点同じバニヤンでも、アストンなんかでは、部屋をホテルと同じように管理していますから、部屋のグレードもある意味均一化していると思われます。

 つまりばらつきがあるのは、中小の管理会社や、個人オーナーが個人の管理で貸し出している物件だと思われます。

 従って以下にまとめた欠点は、そういった中小の管理会社の部屋に共通することかもしれません。

 なおばらつきがあるというのは、逆に良い意味でもばらつきがあるわけで、オーシャンビューでメンテナンスの行き届いた部屋を格安で借りることが出来る可能性もあります。

 一般的にですが


1.エアコンがうるさい

 これは個別エアコンの部屋が多いためで、バニヤンなんかでは50m2ぐらいある部屋を冷やす能力が求められるからだと思っています。

 ただし少しずつ改善はされているようです。

 なお、昨年宿泊したワイキキ・パーク・ハイツは建物全体でエアコンを管理しているようで、温度設定だけでした。


2.ドアがひじょうに重い

 これはセキュリティの問題が大きいのかもしれません。要するにドアそのものが頑丈に作られ、そこに鍵が2個付いているという部屋が多いです。

 風が強い日だと、風圧でしまったりすることがあるので、子供だと指を挟んだりする事故が起こりえます。


3.窓枠が潮風でさび付いて動かないことがある

 これはホテルでも同様かもしれません。潮風によるサビだと思われますが、要するにホテルの方がこういった細かい部分までメンテナンスに気をつかっているということかもしれません。


4.カーテン等がきちんとしまらないことがある

 これも部屋のメンテナンスの問題ですが、レールが外れていたりすることもあります。


5.シャワーが固定式(角度だけ変更できる)

 最近はバニヤンでも可動式のものに代えている部屋があります


6.肉を焦がすとすぐに警報機が鳴る

 バニヤンだけの特徴かもしれません。煙感知器が鋭い割りに、排煙の換気扇が弱いような気がします。私は数回鳴らしたことがありますが、今にも消防車が来るのではないかと焦りました。


7.部屋によっては小さなアリが出没することがある

 確率的には10部屋に1部屋ぐらいでしょうか?これは管理の悪いホテルでも同様です。30階ぐらいの部屋でも出没することがあります。そういったアリは部屋と部屋の間の天井あたりに巣を作っているのかもしれません。

 フードパントリーあたりに駆除剤が売られていて、これを通り道に塗ったらすぐにいなくなりました。


8.ソファーベッド等のスプリングがへたっている

 ソファーベッドはひじょうに便利なものですが、時々スプリングがへたっているベッドがあります。こうなると腰が落ちた形で寝ることになり、翌日腰痛に見舞われます。

 だいたいこんなもんでしょうか。ただいずれも部屋の管理のグレードによって変わります。一般的には個人で所有してる部屋を貸し出す、中小のバケーションレンタルの会社の方が、個人的には部屋のグレードが高いように感じています。


ハワイの表紙に戻る 宿泊一般論