コ・オリナ・タイムシェア説明会

コ・オリナ タイムシェア説明会 部屋からの景色
コ・オリナ タイムシェア説明会 洗面所
豪華な洗面所
コ・オリナ タイムシェア説明会 ベッドルーム
これまた大きくて背の高い?ベッド


 質問の最後に、立派なキッチンがついているようだが、肝心の食材はどこで購入するの?という質問をしてみました。

 ともかく近辺はゴルフ場があるだけで、スーパーのような商店は皆無だったからです。

 返答は、「カポレイ」まで行けばショッピングセンターがあり、そこで一通りなんでも揃うとの事でした。

 カポレイまでは車で約10〜15分です。となるとレンタカーも必要になります。環境は抜群ですが、立地としては辛い部分があるなと感じました。

 (2010年代になって、アウラニが出来、カポレイの再開発もどんどん進んで便利になっているようです)

 1時間近い説明を聞き、ようやく実際の部屋の見学になりました。リゾート内を徒歩で移動し、エレベーターに乗ってモデルルームへ。

 彼も自慢していましたが、天井が高いのでひじょうに広く感じます。(実際面積もかなりあります)寝室やリビング、キッチンと見て回って、ともかく素晴らしいの一言です。

 確かにこんなところで1週間のんびりできたらリラックスできるかもと感じます。またラナイからの景色も素晴らしく、まさにリゾートの雰囲気です。

 敷地全体がゆったり作られているので、人ごみが少ないことが上から見るとよくわかります。ここもヒルトンのタイムシェアとは違うところだと力説していました。

 一通り見学後、再びジョーさんのオフイスに戻ってきて最後の詰め。要するに今買えば間違いなく得ですよ、という話です。クレジットカードとパスポートさえあれば、すぐにその場で手続が出来るようでした。

 そこで私の考え方をなるべく正直に話しました。今現在このような説明会に参加している理由は、リタイヤ後ハワイで1年の内一定期間生活するとすれば、その住居をどうするかということを考えるために説明会に参加しているんだということ。

 タイムシェアという考え方は充分理解できたし、このコオリナリゾートが、ショッピングは若干不便なものの、将来ハワイで一定期間生活する上では、かなり大きな候補となるだろうということも伝えました。

 ただゆずれない一点は、今すぐに決めたくないと言うことでした。当然この機会を逃せば、価格は高くなる可能性もありますが、ローンを組んでまで購入となると、現状の生活基盤ではそこまで危険を冒せないということも伝えました。

 2009年の時点では、世界的な不況と円高の関係で、購入金額はかなり安くなっていると思われます。

 しかしだからといって購入するかと問われれば、この不況でハワイまで遊びに行けるのか、という問題が生じます。毎年確実に行くことが分かっていて、資金に余裕があればいいのですが、現時点ではやはり?です。

 ちなみに購入を考えている人は、いわゆる再販ものの価格を調べることをおすすめします。hawaii realestate timeshare あたりの語句で検索をかけてみるといいのではないでしょうか。ちなみにこんなサイト(タイムシェアハワイ)がありますが、最終判断は自己責任でお願いします。

 さてさて、ジョーさんはひじょうに残念そうな雰囲でしたが、やはり譲れないものは譲れない。というわけで説明会終了。時間は11時。2時間半かかりました。

 総論としては、個人的にはタイムシェアを利用するなら、ヒルトンよりこちらのほうが好印象です。ロックオフのような制度やラグーンの整備状況、周辺環境を考えると私の感覚に合っていると思います。

 こちらとしては説明を聞くだけでも良かったのだが、話を聞いてくれたお礼?として、マリオット関連施設で利用できるクーポン券100ドル分をもらってしまいました。


ハワイの表紙に戻る 宿泊の表紙に戻る