タイムシェアの体験宿泊について

ヒルトンのタイムシェア

 タイムシェアのホテルに体験宿泊出来るプランがあります。2010年2月頃、これを使って夏場の旅行で優雅なハワイライフを送れないかと思い、宿泊価格を調べてみました。

 有名なのはヒルトンのグランド・ワイキキアンですね。しかし私はグランド・ワイキキアンというのが、どの棟に該当するのか知りません。

 写真で見るとビーチフロントではなく、少し奥まった棟になるようです。2008年12月にオープンしたと書かれています。

 部屋は1LDKと2LDKの二つのタイプがあるようですが、我が家は当然1LDKです。

 そこで価格を見てみるとスタンダード・ビューの部屋が3泊4日で519ドルだそうです。1泊173ドルです。これは泊数が増えてもウイークリーレートいうような設定はなく、常に1泊173ドルとなっています。

 説明会に参加したときの部屋の雰囲気を思い返すと確かに安いのかもしれません。ふむふむと思い、さらに詳細な料金設定を見ていくと、なんとピークシーズンは割増料金になっています。

 我が家が利用したい、日本の夏休みにあたる7月から8月は1泊につき50から99ドルの割増料金が必要です。つまり1泊173ドルで宿泊できる期間は1年の中でも本当に限られて期間にのみ設定されているということです。

 しかもこれ以外に約13%の税金が必要で、なおかつ説明会にも出席が義務づけられています。これではとても参加する気になれません。がっかりです。というわけで、次はコオリナについても調べてみることにしました。


コ・オリナの体験宿泊プラン

 説明を読むと、このプランはワイキキのマリオットの宿泊にも適用されるみたいです。

 条件は90分の説明会への参加です。ただし私は過去ヒルトンとコオリナの説明会にそれぞれ参加したことがありますが、いずれも説明は2時間半近く行われました

 特に最後の30分は今買わないともったいないという執拗?な説得で、本当に困りました。

 それじゃ今更体験宿泊もないだろうと思われるかもしれませんが、当時と現在では我が家の経済状況や家庭環境が変化しているので、体験宿泊も一つの選択肢かなと思っています。

 さて、日数ですが4泊5日のみだそうです。価格ですが、ワイキキのマリオットが499ドル、コオリナが699ドルです。こちらはヒルトンと違って、税サービス料込みです。

 従って1泊の料金はマリオットが約125ドル、コオリナが175ドルです。ヒルトンに較べると15%ぐらい安いかもしれません。しかもこの料金には日数分のレンタカーの基本料金、または空港ホテル間のリムジン送迎料金も含まれているので、さらにお得感があります。

 またヒルトンのように、時期的な割増料金もありません。これはかなりお得かなと思い、さらに参加資格を見てみると、過去に説明会に参加していない方という項目があって、残念ながら私ははずれです。

 これを読んでいる方で、これなら良いなと思う方はどうぞ申し込んでみてください。コオリナ、体験宿泊という語句で検索すればすぐに見つかると思います。

 ただ得だという感覚だけで申し込むと、タイムシェア購入の勧誘を断ろうとしたとき大汗をかくことになる覚悟してください。お得なプランを体験したという感覚は、どうしても弱みになります。

 なお上記の記述は2010年のことので念のため、今(2014年)について調べてみると、ヒルトンが3泊で660ドル(税別)だそうです。

 またコオリナは4泊で699ドル。こちらは税サービス料込みで、ヒルトンと違って料金は変わらず。ただしマリオットの宿泊はないようです。


ハワイの表紙に戻る 宿泊の表紙に戻る オープンハウスの見学へ