カイルアのバケーション・レンタル

カイルアコテージ ベッド
キングサイズの巨大ベッド
カイルア バケーションレンタル タオル類
あらかじめ用意されていたタオル類
カイルア バケーションレンタル 庭のバナナ
庭に自生しているバナナ
勝手にもいでいくらでも
食べてよいとの事だった
カイルア バケーションレンタル 庭のマンゴー
同じく自生しているマンゴ
写真は白っぽいが、実際
にはうす紫色
カイルア バケーションレンタル 庭のトカゲ
家の周りに多数住んでいるトカゲ
呼吸のため?にオレンジ色の
ヒダを背中から出す
カイルア バケーションレンタル BBQ
庭に置いてあった
BBQの道具
使いかたがわからなかった

 リビングの中央にテーブルがあり、その上にバナナ、オレンジ、リンゴ、マンゴー等の各種の果物が山盛りになっていました。

 また冷蔵庫の中にも手製のパンと思われるものや、野菜、卵、牛乳、ジュース、バター、その他の香辛料、と一通りのものが揃っていました。

 この宿のシステムは、もともと到着時にある程度食材を用意してくれ、あとは勝手にやってくれという本来のB&Bとは違うシステムですが、このほうが気軽に暮らせるので気分的に楽でした。

 キッチンの右手がいわゆるリビング。キッチンよりかなり広い。ソファーベッドや子供が使ったと思われる古い机、テレビが置いてあります。

 ソファーベッドはちょっと工夫を凝らしたもので、昼間はソファーと机、夜は二つを合体させてベッドにするというもの。

 椅子の下から引き出す形のベッドに比べると、圧倒的に寝やすい。窓はすべてジャロジー形式で、毎晩ほとんど開けっ放しで寝ました。

 初日はさすがに誰か入ってこないか不安でしたが、二日目以降は気にならなくなりました。もっとも時折果物が木からばさっと落ちるので、ちょっとびっくりさせられることもありました。

 その奥にベッドルーム。仕切りは手製のカーテン。ベッドはキングサイズ。ともかくでかい。しかも床からかなり高い。これも寝やすいベッドでした。

 ベッドの両サイドに棚や収納場所があって、そこにタオル類が山積みになっています。また掃除機もありました。

 今回の部屋で唯一欠点をあげるとすれば、トイレと風呂です。トイレは少し手狭。風呂はシャワーのみだったのが残念。

 HPにはbathと書いてあったので、てっきりバスタブつきだと思っていました。日本人にとっては、シャワーのみの長期滞在はちょっとつらい気がします。

 但しシャワーは固定式ではなく、くねくねと自由に向きを変えられるものでした。なお洗濯機は母屋にのみあって、これは合鍵をもらって自由に入って使ってよいシステム。

 庭の果物は必要があれば勝手に食べていいよと言われましたが、どれが熟しているのか良く分かりませんでした。

 またBBQの道具もあったのですが、使い方が分からず断念。せめてどんな構造になっているかぐらい確かめておくべきでした。


ハワイの表紙に戻る 宿泊の表紙に戻る パシフィック・ショアーズへ