カイルアのバケーション・レンタル

カイルア バケーションレンタル 入り口
敷地内の適当な場所に駐車
カイルアコテージ パティオ
パティオの右側が部屋の入り口
カイルア バケーションレンタル リビング
リビングルーム
カイルア バケーションレンタル
コンロがポータブル

 オーナー夫婦は年齢が50歳から60歳ぐらい。ご主人はハワイ大の教授のようですが、よくはわかりませんでした。

 ともかく農学系の自然環境問題に興味を持っているようで、各種の講演をするためにあちこち旅行をしているようです。

 我々の宿泊のときも我々が到着した翌日、講演のためにドイツに向かうとのことでした。

 その後は近所のおばさんが飼い猫のプリンセスに餌をあげに来たり、親戚の人がちょっとした用事で出入りする以外は、我々だけが滞在しているわけで、洗濯のために母屋の鍵ももらっていたので、母屋にも出入り自由。大きな別荘を借り切った感じの滞在になりました。

 場所はカイルアの西のはずれ。アイカヒSCから歩いて数分。食材を買うのには非常に便利でした。

 またバス停も近く便利です。アラモアナ方面から来ると、ショッピングセンターの交差点を右折。右側3軒目になります。門を開けると駐車スペースが広がります。

 敷地の広さは400m2ぐらいでしょうか。ともかく広い。そこに2台分の車庫、車庫前の空き地、裏には各種の果物の樹木が植えられていて、敷地の中央に平屋の大きな家があります。

 我々が宿泊した部屋は、もともとは子供さんの部屋だったのではないでしょうか。ベッドルームの隅にドアがあって、そこから直接母屋に入れるようでした。当日はもちろん鍵がかかっています。

 入り口前にはパテイオと称するちょっとしたコンクリートで裏打ちされた空間(上の写真の緑の傘がある部分、この右手が入り口)があって、そこに日傘つきのテーブルと椅子が4脚用意されています。

 部屋で食べるよりはここで食べたほうが開放的でした。

 鳥の鳴き声、ちょっとしたすがすがしい風、始めはよそよそしかった猫のプリンセス、ちょろちょろと動き回る可愛らしい?トカゲ、これらがごたまぜになってハワイらしさを醸し出しています。

 その中央で椅子に座り、足を投げ出しバドワイザーを飲むのは最高の気分でした。海が見えれば申し分ないところですが、それを埋めるだけの雰囲気がありました。

 もともと子供部屋のようなところを改造したのですから、玄関のようなところはありません。

 逆にうれしいことに、部屋には靴を脱いであがるシステムになっていました。パテイオで靴を脱ぎ、スリッパ(飛行機用に簡単なものを持参)に履き替えます。

 入り口を入るとそこがキッチン。8畳ぐらいの広さでしょうか。正面に台所とシンク。右のコーナーに冷蔵庫。右側にコンロ、という作りです。

 しかし、このコンロは後から無理やり備え付けたもので、かなりの簡易型。右側が加熱専用。左側が保温専用のようでした。

 いくつも鍋を使って料理に腕を振るう人は物足りないと思います。我が家はそれほど不便は感じませんでした。


ハワイの表紙に戻る 宿泊の表紙に戻る ベッドルーム他