パシフィック・モナークの紹介(その3)

屋上

パシフィック・モナーク 屋上のプール
屋上のプール
パシフィック・モナーク 屋上から見た景色
屋上から見たクヒオビーチ
パシフィック・モナーク 屋上から見たキングスビレッジ
屋上から見たキングスビレッジ
パシフィック・モナーク 屋上から見た山側の景色
屋上から見た山側の景色

 34階建てで、6階までが駐車場。3階がペントハウスでその上がラウンジになっています。

 ここにはジュースの自動販売機や製氷器が置かれ、ソファーセットもあるので、高層階の景色を楽しみながらくつろげます。サウナもありましたが、私が見たときは火が入っていませんでした。

 屋上へはこの階からエレベーターを降りて右側の非常階段を登ることになりますが、ここがちょっとわかりにくいようです。屋上に出るときもカードキーが必要。

 屋上には5m×4mぐらいのプールと2m×3mぐらいのジャグジーがあり、いずれも保温されているので、思わず水着を脱いで風呂代わりに入りたくなってしまいますが、もちろん不可。

 プールは子供でも入れる深さから、徐々に傾斜し深くなります。ジャグジーは非常に気持ちがよいと思います。

 風は常に強いのですが、四方が壁と透明フェンスに囲まれているので、はじっこにいればそれほど感じません。

 ここは朝6時から夜10時までオープン。夜景は滅茶苦茶美しい。これを見るだけでもここに宿泊する価値がありそうです。


1807号室

 部屋の配置は、地球の歩き方シリーズの「ハワイゆったり滞在計画」に出ていますが、まさにこの部屋。

 リビングには矩形のフルキッチンと大型冷蔵庫(ステユーデイオには小型)、トースター、一通りの調理器具がありましたが、炊飯器とコーヒーメーカーはナシ。

 もしかすると要望するとハワイアンコンドで用意してくれたかもしれません。包丁は例によってあまり切れない。

 食事用のテーブルは丸形で、椅子が4脚。ソファー(ソファーベッドになる)とガラスのテーブル、20インチぐらいのリモコンテレビ。

 テレビにはオーシャニックケーブルから番組が配信。9番でときたま日本語放送。29番で子供の好きな漫画。

 テレビの横に音のうるさいエアコン。今回も滞在中1度も使いませんでした。



パシフィック・モナーク(その4)へ


宿泊したホテル、コンドミニアム


トップページへ