ハレクラニ(1993)

ハレクラニ クラブスイート
右奧が入り口、中央のドアがバスルーム
ハレクラニ 部屋のバルコニーから
ビーチ側はバルコニーで
ラナイはアラモアナ側
ハレクラニの中庭
今も変わらない芝生
結婚式がよく行われています
プールサイドから見たハレクラニ
プールサイドからハレクラニを見上げると
ハレクラニの部屋から見たサンセット
ハレクラニの部屋から見たサンセット

 国内のビジネスホテルしか経験のない私には至る所で感激させられるホテルでした。

 部屋は
コーナースイートということで、60(m2)ぐらいだったでしょうか。4枚目の写真の中央の突き出た部分の8階でした。

 チェックインは、あいにくまだ部屋が空いていなかったようで、別室でマンツーマンで行われました。(今考えると破格の待遇だったのかもしれません)

 エレベーターを上がって、廊下をずんずん進み、突き当たりの部屋でしたが、ドアを開けるとドワーっと広い部屋が見えます。1ベッドルームといえば良いのでしょうか。部屋の中央の壁際に大きなベッドが見えます。

 海側のバルコニーからは正面に海が見え、左側にはプールが見下ろせ、視線を上に転じるとダイヤモンドヘッドが見えます。(2枚目の写真)

 部屋全体が明るく、ベッドは信じられないほど大きく、
6畳ぐらいの別室に洗面所、トイレ、シャワーブース、バスタブがついていました。

 その他ミニバーや戸棚の中のテレビ、ビデオ、オーデイオセット等いたれりつくせりです。タオルの交換は少なくとも1日2回は行われていたようです。

 1階にあるハウスウイズアウトアキーで朝食を数回とりました。値段はかなりでしたが、味、雰囲気、気配り等最高でした。

 夕方ここではハワイアンの演奏が入り、サンセットを見ながらカクテルを飲み、音楽を聴くという最高の贅沢を味わうことが出来ました。

 2階にはラ・メールというフランス料理のレストランがありますが、ここはドレスコードのある格調高い雰囲気です。

 前日にホテルのコンシェルジュで予約をした所、窓際の席に案内され、無料のシャンペンが振る舞われ、新婚旅行には最高のシチュエーションでした。

 プールは長い部分で15(m)ぐらいでしょうか。もちろん泳ぐことが出来ますが、夜は青くライトアップされ、幻想的でした。

 プールと海の間に小径があり、朝はジョギングする人をよくみかけ、夕方からはサンセットを見に来る人がいっぱいいます。

 ホテル前のビーチは小さく、すぐに深くなるので子連れにはあまり向かないかもしれませんが、人が少なく、気分はいいと思います。

 夕食後1階にある「ルアーズラウンジ」というバーに行ったことがあります。まだ早い時間だったので客は我々だけでしたが、中央にピアノが置かれ、そこで初老のピアニストがさりげなくピアノを弾いています。

 やがて係りの女性がリクエストカードの紙を持って来てくれたので、ものは試しと「tea for two」をリクエストした所、満面の笑みで弾いてくれ本当に良い思い出になりました。


ハワイの表紙に戻る 宿泊の表紙に戻る ワイキキ・バニヤン