バケーションレンタルを探すポイント

A ロケーション

 ロケーションと一口で行っても、何に対するロケーションを重視するかで、考え方は変わります。

1.ビーチまでの距離

 我が家の場合は、ハワイに通い始めた頃からクヒオビーチになじんでいます。その理由は恥ずかしながら私自身がほとんど泳げないことが第一です。

 また息子が生まれてからも、このビーチを利用することが多いので、出来ればここから数百mの範囲内にあるコンドミニアムが良いなと思っています。

 同様にもう少し波があった方が面白いし、やはりワイキキビーチのど真ん中で泳ぎたいと思えば、シェラトンからサーフライダーあたりのビーチから近いところを探すと良いと思います。またワイキキの東端のカピオラニ公園前ではボディボードを楽しむ人が多いです。

 なおビーチから距離的に500m以上離れると、往き帰りが結構面倒です。その意味ではクヒオ通り沿いのコンドミニアムを選択した方が無難で、特にフードパントリーよりもダイヤモンドヘッド側が移動に便利だと思います。


2.フードパントリーやABCストアまでの距離

 ワイキキ市街で、比較的大きなスーパーと呼ばれるところは「フードパントリー」だけです。暮らすようなハワイ滞在を望むなら、買い物をした後、気軽に運べる距離でないと買い物だけで疲れてしまいます。

 距離的には500〜600m以内かなと感じます。もちろんABCストアにも弁当や果物が売られていますから、それで良ければワイキキのどこでも問題ありません。ただしいわゆる食材と言われるような野菜等はあまり手に入りません。

 レンタカーがあればこれらの問題は解決しますが、ワイキキ市街からレンタカーでフードパントリーというのはちょっと大袈裟に感じます。普通は「ドンキホーテ」あたりに行くのだと思います。


3.バス停までの距離

 私は地元の人と同じような感覚でハワイライフを楽しみたいと思っているので、バス停が近いことが条件です。距離的には100m以内が理想でしょうか。

 ただワイキキの中心部を東西に走る主なバスは、ほとんどがクヒオ通りを走っているので、ここから100m以内と考えると、ほとんどの宿泊施設がその範囲内に含まれます。

 唯一コンドミニアムではありませんが、シェラトン・ワイキキロイヤルハワイアンホテルあたりは、バス停まで200mほど離れているように思います。(それでえも充分近いとも言えますが)


4.セキュリティ

 基本的にワイキキは安全だと言われていますが、時々深夜から早朝にかけて喧嘩その他の事件が起きていることも事実です。

 また通りによっては照明がほとんどついていない路地のような通りがあったり、安い料金で宿泊できるアパートのような建物が集中しているような場所では事件が起こりやすいように思います。

 夜の11時以降から明け方5時ぐらいまで出歩くことがなければ、どこに宿泊してもそう言った問題に遭遇する確率は低いと思いますが、遅くまで飲食を楽しもうと思っているなら、ホノルル動物園前の公園近くや、その近くの「レモン通り」「アラワイ運河沿い」は避けた方が良いかもしれません。(2013年、アラワイ運河沿いは少し明るくなり、治安も良くなったように感じました)


5.周囲の騒音

 いくら豪華なコンドミニアムでも、一晩中街の喧噪が聞こえていたら、睡眠不足になります。2013年の夏の旅行でアラワイ運河沿いの「フェアウェイビラ」に宿泊しましたが、部屋からアラワイ通りを走る車の騒音が良く聞こえました。

 アラワイは深夜2時ぐらいまで結構交通量があり、それぞれの車がクヒオ通りやカラカウア通りよりスピードを出して走るのでうるさくなるようです。

 また最近人気のある「ビーチウォーク」のショッピング街やカラカウア通り周辺は交通量や街の喧噪と共に、照明の明るさを気にする人がいるかもしれません。

 部屋を契約するとき、該当する部屋が20階以上なら以上の騒音等はかなり軽減されるかもしれません。また同じコンドミニアムでも、通りに面した部屋と裏側の部屋では、騒音はまったく異なります。

ハワイの表紙に戻る 宿泊一般論 建物、部屋の設備