バケーションレンタルの管理会社(2)

 前ページからの続きです。前ページの「WaikikiBanyanCondo.com」という会社名をネットで検索したところ、英文ですがバケーションレンタル会社の一覧表が表示されているページを見つけました。

 コンドミニアムのバケーションレンタルを扱っているハワイのトップ20だそうですが、一つずつ確認していけば、新たな業者を見つけることが出来るかなと思え、とりあえず一番上の会社を選んでクリックしてみました。するとこの会社、私が以前お気に入りに入れていた会社でした。

 会社名は「ALOHA WAIKIKI VACATION CONDS」というもので、トップページ中央に日本語マークがあったのでクリックしてちょっと読んでみましたが、どうやらコンピューターを使った自動翻訳ページみたいで、凄く読みにくいです。

 事務所は「ワイキキ・ウエスト」ホテルの北側のビルの7階にあります。バニヤンだけでなく他のコンドミニアムも扱っています。

 というわけで英語ページに戻ってワイキキのレンタル物件のなかからバニヤンを選んでみました。すると一番安いシティビューの部屋で夏の料金は158ドル。やはり高いですね。

 そこで2番目の会社。「WAIKIKI OCEANFRONT RENTALS.com」という会社ですが、どうやらオーシャンフロントをウリにしているようで、イリカイあたりの物件を中心にレンタルしているみたいです。

 ザ〜っと見て、夏休み前半で一番安い物件が1泊114ドル。どんな感じか見てみるとイリカイの12階シティビューですね。バス通りからイリカイの建物を見ると、ちょうど見上げる形で部屋がいくつも見えますが、その内の一つだと思います。

 寝るだけなら問題なさそうですが、この通りは交通量が多いので、夜間窓を開けて寝るのは辛いかもしれません。

 しかしこのサイトは紹介している部屋の数が多いです。この方面の宿泊を考えている人は考慮しても良いかもしれません。少なくとも宿泊料金を参考にすることは出来そうです。

 次が「Top20Sites.com」というページです。このページで紹介されている管理会社を上から順に見ています。今日は上から3番目の「Waikiki Conds.com」というサイトです。

 このサイトでは、「ロイヤルクヒオ」「ワイキキ・パークハイツ」「マリン・サーフ」の物件を扱っているみたいです。会社のオフイスはシーサイド通りと書いてありますから、ビーチウォークの近くだと思います。

 価格を見ると、夏場はロイヤルクヒオが1泊最低145ドル、1週間で900ドル。パークハイツも同じです。両者とも似たようなグレードのコンドミニアムですから、同じぐらいの価格になるのは分かりますが、これにクリーニング代100ドル弱や税金等が加わると考えると、やはり少し高く感じます。

 5番目の会社へ。会社名は「Outrigger Condominium Collection」というもので、どうやらアウトリガーの専門サイトみたいです。

 そこで仮に「アウトリガールアナ」を選んで8月1日からの夏場料金を調べてみると、シティビューが149ドル。予算オーバーです。私としては一応税金等を含めた額が最大150ドル以下というのを目標に探しています。

 6番目の会社は「Waikiki Real Estate」という会社のようですが、名前から分かるように、ここはレンタルではなく不動産会社でした。7番目も不動産関係。なかなかうまく見つかりません。

 8番目の会社?は個人所有の物件をレンタルしているようで、価格は安いように思えますが、日本人には馴染みのないコンドミニアムばかりのようです。

 9番目はキャッスリリゾートの「ワイキキ・ショア」のレンタルでした。一応夏の値段をチェックしてみようとしましたが、うまくいきませんでした。

 10番目にロイヤルクヒオの安い物件をようやく発見。会社名は 「Royal Waikiki conds」というみたいですが、家族経営の会社みたいです。

 夏場の料金は14階から18階の部屋で111ドル、23階から28階なら124ドルだそうです。間が抜けているのが不思議ですが、管理している部屋がないのかもしれません。

 サイトの作りも手作りのような感じで、アットホームな雰囲気を求めている人にはいいかもしれません。ただ何室ぐらい管理しているのか、よく分かりません。

 次ページに以上をまとめた表を掲載します。

ハワイの表紙に戻る 宿泊一般論 管理会社一覧