ワイキキ・ジョイ・ホテル

 一時期ツアーでも使われていたホテルだと思いますが、最近はツアーではあまり名前を聞きません。2016年現在、ホテル自体の名称が変更になっている可能性もあります。

 DFSのアラモアナ側(北西側)のルワーズ通りに面しています。1階に一時期我が家が何回か通った「カプチーノ・カフェ」があったのですが、その後「元」という名前になり、今は「キムカツ」という名前になっています。

 周囲はDFSを除いて高層の建物がないので見通しは良いと思います。

 ただし部屋の向きがダイヤモンドヘッドまたはアラモアナ側を向いているので、ビーチ方向はあまりよく見えないはずです。

 また建物自体もあまり高くないので、開放感はあるものの見えるものは周辺のホテルやDFSという感じだと思います。DFSが目の前というのが最大のメリットかもしれません。 


大きな地図で見る

 なぜこのホテルに注目したのかという理由ですが、楽天トラベルのお客様の声で評価が高かったからです。

 私のイメージとしてはもう少し低いのかなと言う印象を持っていましたので、ではその評価が高い理由はなんだろう、ということで気になったわけです。

 上に書いたようにDFSは目の前、ビーチウォークまでは200m、ロイヤルハワイアンセンターまでは100m、バスが走っているクヒオ通りまでは50m、フードパントリーまで700mぐらいで、ロケーション的には使いかっての良いホテルです。ただしワイキキビーチまでは600mぐらいあります。

 繁華街に近い割には、このルワーズ通りそのものの交通量も多くなく、割に静かな環境だと思います。

 ただしアロハフライデーの金曜日はカラカウア通りの喧噪が聞こえてくるかもしれません。一時期盛んにアピールしていたのは、風呂の設備で、ジェットバス(ジャグジー)があると言うことです。

 楽天トラベルで2012年7月下旬の宿泊料を見てみると、一番安いスタンダードルームが朝食付きで12114円、ツインルームが15742円でした。

 エクスペディアでも値段を見てみましたが、楽天より少し安い設定です。ただし税金等の扱いまでは確認していません。

 部屋からの眺望にはこだわらない。場所は買い物に便利な方がよい。レストランも近くにあった方がよい、宿泊価格は安いに越したことはない。ビーチで泳ぐ機会はないかもしれない。等々の条件を満たすような人に向いているのではないでしょうか。

 外観は白亜のきれいな建物です。また館内では日本語が通じる可能性が高いです。
  


表紙に戻る ホテルとコンドミニアム HAWAII読者が選ぶホテル