トランプ・インターナショナル・ホテル

 ワイキキではここ10年ぐらい新しいホテルが出来ていませんでしたが、小さなホテルが取り壊され、その跡地にこのホテルが数年前に出来ました。

 場所はワイキキの西のはずれサラトガ通りとカリア通りの角で、西側は公園でその向こうに大海原が見えると思います。

 南側には「ワイキキ・ショア」や「アウトリガーリーフ」があるので、展望は良くないと思いますが、建物自体が高層なので、あまり気にならないかもしれません。

 北の山側(マノア方面)も視界を遮るものがなく、唯一東側はビルがいっぱい見えるかもしれません。

 ビーチまでは100m、ビーチウォークまでも100mでバス通りは目の前ですから、立地は抜群です。


大きな地図で見る

 グーグルマップで最初位置を確認していたのですが、写真はなんとまだ建設中のものでした。たしか2年ぐらいかけて建設していたように思います。

 上にも書きましたがサラトガ通りですから、パンケーキの有名店「エッグスン・シングス」からビーチ方向に歩いてくれば、この建物の威容を眺めることが出来ます。

 ホテルのホームページでその概要を読むと、「超高級5つ星ホテル」と自ら宣言しています。

 ここまで堂々と書かれると、かえって「本当かな」という悪趣味な気持ちがわき上がりますが、実際ロータリー近辺を見ただけでも、なんとなくその高級感をうかがい知ることが出来ます。

 もちろん建物内部には入ったことはなく、ただビーチ方面からや、バスの車窓からその建物を眺めただけですが、威圧感があります。

 ではこの高級だと自ら宣言するホテルの宿泊価格はいったいいくらぐらい何だろうと思い、例によってエクスペディアで2012年7月下旬の価格を調べてみました。

 するとステューディオ・シティビューが26937円でデラックスオーシャンビューが42849円でした。その上のランクにはスイートの部屋もありますが、比較のために同じ大きさの部屋を選択しています。

 部屋の広さは44m2と書かれていますから、コンドミニアムのステューディオの部屋より広いですね。通常のホテルのスイートぐらいの広さかもしれません。

 ただビーチに近い高級ホテルと考えると、無茶苦茶高級だと思えるような価格ではないようにも思います。

 エクスペディアの宿泊者レビューもいくつか読んでみましたが、基本的には素晴らしいホテルという分類になると思います。ただ上に書いたようにバス通りに面している分、逆にラナイに出ると車の音がうるさいという欠点があるようです。

 一方ヒルトンの花火やサンセットを心ゆくまで部屋で楽しめるというのもメリットのようです。  


表紙に戻る ホテルとコンドミニアム ザ・モダン・ホノルル