ワイキキ・サンドヴィラ

 アラワイ運河沿いに建つエコノミーでカジュアルなホテルだと思います。日本からの格安ツアーと呼ばれているツアーでよく名前が示されているホテルです。

 アラワイ運河沿いの道であるアラワイブルバードは一方通行でアラモアナ方面にしか行けません。朝は地元の人たちが、この運河沿いを犬を連れてよく散歩しています。ビーチは旅行者の散歩が多いのですが、こちらは圧倒的に地元の方です。

 アラワイ運河には大量のフナのような魚(テラピア)がいます。足音を聞いただけで寄ってきますので、子連れは面白いかもしれませんが、余りに多いので気持ち悪いという人もいるかもしれません。


大きな地図で見る

 ホテルの場所はワイキキ中央にあるフードパントリーの東側、ビュッフェレストランの「マキティ・ハワイ」がある通りをアラワイ運河の方に北上すると、右側にあります。その先はアラワイ運河です。

 入り口は、ちょっと斜めの坂になった小振りのロータリーがあります。入り口を入ると左側が小さめのフロント。右側が「サンドバー&グリル」で、いわゆる洋食レストラン。 (2015年現在名称が変更になっています)

 店内にはインターネットの端末もあり、奧にはスポーツバー風のカウンターがあります。アメリカ人好みのカジュアルレストランです。

 2011年にステーキ定食を食べてきましたが、味はなかなか良く、日本人にはちょうど良い量でした。クーポンがフリーペーパーに付いています。

 ただお客さんは圧倒的に欧米人が多く、時折ロビー側から日本人が覗いたりしていましたが、店内に欧米人が多いので、家族連れは遠慮している感じでした。(スポーツバーが見えるのでやむを得ない部分もあると思います)

 建物は15階建てぐらい。当然ですが、アラワイ運河側には建物がありませんので、山側の夜景を楽しめるはずです。

 ビーチまでは直線距離で500m近くあり、途中にいくつか大きなホテルがありますので、海側はあまりよい景色は望めないはずです。フードパントリーまでは300m、クヒオ通りまでは250m、ロイヤル・ハワイアン・ショッピングセンターまで800mですから、アラワイ運河沿いにある建物としては便利な場所にあると思います。

 2012年7月24日(火)の宿泊料金は最安値が8384円、最高が15243円となって、これまで紹介したホテルと比べると、半値以下になっています。日本のビジネスホテルと同じぐらいの料金です。ただし税金等は含まれていませんから、実際には14%ぐらい加算する必要があります。

 簡単な朝食がついているのですが、これはあまりに簡単すぎるというレビューがいくつか見られます。しかしこれは宿泊料金が安いのですから当然だと思います。この値段で豪華な朝食を期待してはいけません。たぶん日本のビジネスホテルの朝食より簡素なものだと思います。

 というわけで、エコノミーなビジネスホテルに宿泊することに慣れている人には便利なホテルだと思いますが、リゾートの雰囲気やホスピタリティを期待する人は避けた方が無難です。

 私自身は、今後一人でハワイに行ったときなど、こうゆうホテルで宿泊料金を安く上げてノンビリすごせればいいなという気はします。ただ個人的にはコンドミニアムが好みなので、ホテル形式は避けるかもしれません。

 宿泊客はエコノミーなホテルを好む、欧米人やアジア系の若い人たちが多いようです。サンドバー&グリルを利用してそう感じました。


表紙に戻る ホテルとコンドミニアム ミラマー・アット・ワイキキ