アウトリガー・ワイキキ・オン・ザ・ビーチ

 カラカウア通りをロイヤルハワイアンセンターからホノルル動物園方面に歩いていくと、いつも混雑してる「チーズケーキ・ファクトリー」があります。

 その先はいくつかブテッィク風の小さな店が並んでいます。その店を見ながら歩いていくと、このホテルのエントランスです。

 エントランスの脇が駐車場入口になっているようで、ちょっと狭っ苦しい印象を受けますが、中に構わず入っていくと、結構おしゃれなお店が並んでいたりします。

 ともかく奥の方へずんずん歩いていくと、ビーチ側の1階と2階にアメリカ人好みのカジュアルなレストランが何軒かあります。

 どの店も、オーシャンフロントのレストランでは肩の凝らない雰囲気で、食事を楽しめると思います。ただし日本語はほとんど通じません。

 なおホテル内を抜けて、途中で左に曲がるとワイキキビーチに直接出られます。抜け道と言っても良いかもしれません。


大きな地図で見る

 JTBのハワイツアーで利用するホテルについて、これまで9つの有名ホテルを紹介してきました。これら以外によく名前が出てくるホテルはどこだろう?と考えてみると、意外に思いつきません。

 格安ホテルも含めれば、あと20ぐらいは書くことが出来ます。しかし、初めてハワイに行った方が、観光だけでなくホテルライフも楽しめたらいいなと考えると、この先は選択が難しくなります。

 ホテルの条件としては、中規模以上、海まで300m以内、バスやトロリーの停留所が近い、ロイヤル・ハワイアン・ショッピングセンターやビーチウォーク等に徒歩または気軽にバスやトロリーでいける。

 部屋の広さは少なくとも30m2前後、ツアーでもよく利用されている、という風に条件を付けて絞り込んでいくと、50以上あったホテルの候補が10前後に減ってしまいます。

 特に最後の日本人ツアーでよく利用されているホテルというのは、ある程度決まり切ったホテルが多いです。例えば個人的にいいなあと思っているホテルは、オーシャンフロントにある、この「アウトリガー・ワイキキ・オン・ザ・ビーチ」なのですが、ツアーではあまり聞かれません。

 ホテル側の事情もあるとは思うのですが、個人手配ならこういったホテルにも気軽に宿泊することが出来るわけで、そう考えるとやはり個人手配の方が、宿泊先の選択肢も拡がっていいのではと思えてしまいます。

 ただハワイに始めていく人が、ホテル事情も分からないまま上記のホテルを予約しても英語が堪能でない限り、いろいろと困惑する場面も出てきそうです。その意味では日本人観光客受け入れに積極的なホテルを選んでいるツアーは安心感があるのかもしれません。

 ちなみにこのアウトリガー・ワイキキの宿泊料金をエクスペディアで見てみると、2012年7月24日の価格は、パーシャルオーシャンビューが21528円、オーシャンビュー(売り切れですが)39112円(朝食付き)となっていて、周辺の有名ホテルより少し安く宿泊できます。

 場所は「ロイヤル・ハワイアン」と「シェラトン」の間に立地し、目の前はワイキキビーチという最高のロケーションです。ホテル内も落ち着いた欧米風です。

 カラカウア通りに面しているので、通り側は夜12時ぐらいまで人通りが絶えないと思います。フロントは2階にあるので、カラカウアの喧噪と切り離され、急に静かで落ち着いた雰囲気になります。

 部屋はオーシャンフロント以外の左右はシェラトンとロイヤルハワイアンにはさまれているので、オーシャンビューを指定した方が良さそうです。


表紙に戻る ホテルとコンドミニアム プリンセス・カウラニ