ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ

 北側はバス通りに囲まれています。ワイキキ側(ダイヤモンドヘッド方面)はフォート・デ・ルッシー公園がありますので、ヒルトンの中の建物に重ならなければ眺望はいいはずです。

 海側はもちろん抜群。ただし建物が海から内陸に向かって縦長の構造になっているので、海の景色を堪能できるのは限られた部屋ではないでしょうか。

 アラモアナ側にはイリカイやディスカバリーベイといった少し高層の建物がありますが、距離があるので視界の中でうっとうしいと言うところまではい行かないと思います。 



大きな地図で見る

 JTBの人気ホテル、第6位だそうです。

 300m×400mぐらいの敷地の中にいったいいくつ大きな建物があるのか、ここ10年くらいで次々とタイムシェアの建物が建ったので、混雑も激しくなったなあと言う印象を持っています。

 このヒルトンの一番の特徴は、個人的な見解ですが、敷地内でほとんどの用が足りてしまうことだと思います。

 しかも海側の建物からの景色は、ホノルル空港からダイヤモンドヘッドまで見通すことが出来ます。(ダイヤモンドヘッド側は多少ワイキキのホテルに邪魔されますが)

 またアラモアナ方面へは歩いても1kmありません。もちろん気軽にバスやトロリーを利用することも出来ます。

 唯一面倒かもしれないなと思うのは、ワイキキの繁華街であるビーチウォークやロイヤルハワイン・ショッピングセンターまで海沿いの道やカリア通りを歩いて1kmぐらいあることです。(もちろんバスやトロリーを使えばすぐに移動できますが、待ち時間等が面倒かなと思えます)

 ビーチはアトランティスサブマリンの発着場の付け根の左側に遠浅の、波も穏やかな砂浜があり、ここはヒルトンのプライべートビーチのように思えます。(ちなみにイリカイに宿泊したときは、このビーチで遊んでいましたので、プライベートビーチではないと思います。)

 また上に書いたようにアトランティスサブマリンへの渡し船の発着場があります。潜水艦ツアーはここから船に乗って、沖合で潜水艦に乗り換えます。身長制限がありますので、子連れの場合は注意が必要です。

 金曜日には短時間ですが花火も上がります。海岸一帯どこでも見ることが出来ます。もちろんヒルトンに宿泊していなくてもワイキキビーチ方面からも見ることが出来ます。

 そんなわけで、ここに宿泊しているだけで、楽しみには事欠かない、という雰囲気を作り出しています。人気があるのもよく理解できます。

 ただ我が家は、イリカイには宿泊したことがありますが、このヒルトンでの宿泊経験はありません。その理由ですが、ワイキキの繁華街までの移動が面倒に思えることと、ヒルトンの敷地以外の周辺の飲食施設が少ないこと、コンドミニアム派の我が家にとって食材の買い出しが不便なことなどがネックになっています。

 結局食材を買おうと思ったらアラモアナに行くしかありません。安いので有名なドンキホーテに行くためにはカラカウア通りまで400mほど歩く必要があり、そこからバスに乗ると1kmもいかないところにドンキホーテあるという、何とも中途半端な場所です。(小さなスーパーは近くにあります)

 宿泊料金ですが、いつものようにエクスペディアで2012年7月24日泊の値段を調べてみると、リゾートビューというのが一番安くて20362円、現段階で一番高いのはダイヤモンドヘッド1ベッドルームスイートという部屋で30742円でした。 (実際には税金等が加わりますので、15〜20%ぐらい高くなります)

 リゾートホテルとしての値段としては普通かなという気がしますが、この金額なら私はロケーションを重視するのでハイアットリージェンシーを選ぶと思います。

 子連れには向いている環境ですが、ともかく建物が増えて人口密度が大きくなりすぎで、この区域にちょっと足を踏み入れるとなんとなくざわざわした雰囲気を感じて落ち着けません。賑やかなのが好きな人は問題ないと思います。


表紙に戻る ホテルとコンドミニアム パシフィック・ビーチホテル