カピオラニ公園前堤防

 クヒオビーチからワイキキ水族館方面に歩いていくと、右側に小さな堤防があります。この写真はその堤防の先端付近から振り返ってダイヤモンドヘッド方面を見たものです。

 写真には写っていませんがこの右側にワイキキ水族館があります。またダイヤモンドヘッド手前にある建物では飲み物やスナック類を売っています。

 堤防の両サイドの海は波も穏やかですが、海の中に岩が多数あって普通に泳ぐのには適していません。従ってボディボードを楽しむ人が多いように思います。

 ただ岩が多いために住み着いている魚も多いようで、堤防沿いにシュノーケルを楽しむ人もいます。ここでパンくず等を撒く観光客も多いのですが、ハワイの州魚である「フムフムヌクヌクアプアア」をたくさん見ることが出来ます。

 また堤防から5m以上離れた場所にパンくずを撒くと、体長50cm以上のブリのような魚が多数寄ってくることもあります。

 注意事項が一つ。堤防が小さいので海が荒れているときは、堤防の上を波が洗うことがあります。以前私は息子と共に、ボーッと景色を眺めていたときがあるのですが、深さ10cmぐらいの波が足下を洗ったことがあります。

 もちろんスニーカーはずぶ濡れになりましたが、それ以上に、たった10cmぐらいの波なのに足下を掬われそうな感じになり慌てました。要注意です。

撮影年月日:2003年8月


トップページ 思い出の画像(景色)