オアフ島唯一のサトウキビ列車に乗車

オアフ島 サトウキビ列車

 この写真は、オアフ島で唯一のサトウキビ列車に乗ったときのものです。乗る場所はオアフ島の西、Ewa地区にあります。レンタカー利用じゃないとなかなか乗れません。

 このとき印象に残っていることですが、もちろんこの手の列車に乗ったことも印象深いのですが、乗客のこの様子をご覧下さい。

 左側におじさんがいますが、その頭の上あたりの一角が黒くなっているのが分かると思います。またその先右側の、ちょうど列車の先端左側の電信柱の間も黒ずんでいます。

 これは何かというと「やぶ火事」の跡です。本来ならコオリナ方面まで行くことが出来る列車なのですが、この時はやぶ火事で線路付近の枯れ草が燃えているとのことで、途中で引き返しました。

 実際、ここに来るまでにも線路脇には焦げ臭いニオイが漂い、所々灰色の煙がたなびいていました。夏場の乾燥期には良くあることらしいのですが、ちょうどタイミング良く?その頃に行ったと言うことで印象に残っています。

撮影年月:2005年8月


トップページ 思い出の画像(乗り物)