カフクのガーリックシュリンプ・プレートランチ

カフクシュリンプ プレートランチ

 このプレートランチを目当てに、わざわざワイキキからレンタカーで行く人も多いと思います。カフクのエビ養殖場の近くに、シュガーミルの跡地があるのですが、その跡地への入り口近くに、白いランチワゴンを見つけたら、それが目的のプレートランチのお店です。

 カフクにはこういったランチワゴンが3〜4軒ぐらいあるように聞いていますが、私が利用するのは、白い車体にいたずら書きが一杯書かれたワゴンです。

 料理の種類は数種類で、ワゴンの窓越しにオーダー。食事のページにも書きましたが、確かにエビはプリプリしていて、ガーリックの味が強く香り、最初はうまい、と感じますが、途中でちょっと脂っこいなと思うようになります。

 また日本人としては、ご飯が物足りないです。付け合わせのものもないので、これだけではお腹が空きそうです。値段も10ドル前後で、コスト的にはどうかなと思える部分があります。

撮影年月:2006年8月


トップページ 思い出の画像(食べ物)