NA LEO

Flying with Angels
14曲(52分25秒) 1996年
Sony Records
1. フライング・ウィズ・エンジェル
2. タイム・アンド・タイド
3. ポエトリー・マン
4. ブルー・スカイズ・アバヴ・ミー
5. ホエン・アイ・シンク・オブ・ユー
6. カレオ・オ・クウ・レフア
7. アイ・フィール・ラッキー
8. ソフト・グリーン・シーズ
9. ヒア・イン・ザ・ライジング・タイド
10. クラッシュド・フラワーズ
11. スティル・ユアーズ
12. ハウ・ロング
13. ラヴィング・ユー
14. ジングルベル・ロック

 我が家のハワイアンCDの中で、もっとも枚数の多い「NA LEO」です。あまり気にしたことはなかったのですが、この「NA LEO」の正式名称は、間にスペースが入るみたいです。

 名前の意味をネットで検索したら、どうやら「ハーモニー」という意味に近いようです。手元にある「ハワイ語のすべて」という小冊子で見てみると、leoは「声」という意味でした。

 さて「NA LEO」(ナ レオ)のこのCDですが、他のCDと同様に美しいハーモニーを分かりやすい発音で聞かせてくれます。

 他のCDと違うところは、どちらかというとしっとりと歌うという、ムードを重視した曲が多いことです。となると癒し系か、と思われる方も多いかもしれませんが、そうでもないです。

 コンテンポラリーハワイアンにありがちな、青空の下で元気いっぱい、明るくさわやかというイメージではなく、小さな波がトロトロと打ち寄せるような浜辺で、の〜んびりと気楽にハワイアンを楽しむときに聞きたいな、という感じです。

 ただし7曲目は、このCDの雰囲気からはちょっとはずれています。

 個人的にはCDの題名でもある1曲目の「FLYING WITH ANGELS」が気に入っていますが、この曲は他のCDでも収録されていますので、ナレオとしても気に入っている曲なのだと思います。

  4曲目、ドライブでもしながら聞いてみたい曲です。6曲目、日本でもBGMとしてよく聞くような気がします。

トップページ グループ