Teresa Bright

Hawaiinawa
13曲(44分48秒) 2007年
Mountain Apple Company
1. Nadasousou
2. Aia l Ka Nani - Asadoya Yunta
3. Ka'ililauokaipo - Chimuganasa
4. Kamakani - Kaze
5. Pua Palakama - Tiensagu no Hana
6. Kamalani - Warabigami
7. Pua Laha ole - Nangoku Sodachi
8. Na Lima Hana O Ka Aina - Shimmayakaraa
9. Pkakou - Bashouhu
10. Pua Ka lpo - Hana
11. Nami Ku'u Aina - Shimajima Kaisya
12. NIraikaini Matsuri
13. Aloha Ka Aina E

 数曲聞いてみればすぐ分かることですが、いつも聞いているようなコンテンポラリーハワイアンとは一線を画した珍しいCDだと思います。

 日本人ならすぐに分かると思いますが、本土という言い方はあまり好きではありませんが、本土ではなく沖縄の雰囲気がにじみ出たCDです。

 改めて題名を見ると「Hawaiinawa]となっていて納得。ハワイと沖縄を掛け合わせた造語です。

 ウクレレやギターの伴奏の中に、沖縄の楽器である三振(さんしん)の音が聞こえてくるのがなんともいえない不思議な感じを作り出しています。

 実は購入した当時、正直なところ「沖縄の雰囲気を感じる変なハワイアンだな」と思い、あまり聞く機会がなかったのですが、今回このページを作るに当たって改めて聞いてみびっくり。

 人の感性も時と共に変わっていくようで、心に染み入る三振の伴奏がなんともいえないなと思うようになりました。

 特に沖縄に関心がある人や、沖縄で暮らした経験がある人はお気に入りになるCDではないかと思われます。
 
トップページへ ソロ