Ray Kane
     
Wa’ahila
14曲(55分37秒) 1998年
DANCING CAT RECORDS
1. Keiki Slack Key (Instrumental)
2. I Ka Po Me Ke Ao (Vocal)
3. Hilo E (Vocal)
4. Na Hoa He'e Nalu (Instrumental)
5. Hi'ilawe (Vocal)
6. Aloha Ka Manini (Vocal)
7. Wa'ahila (Instrumental)
8. Wai O Ke Aniani (Vocal)
9. 'Ulupalakua (Vocal)
10. Kilakila 'O Haleakala (Instrumental)
11. Lei Nani (Vocal)
12. Ke Kali Nei Au (The Hawaiian Wedding Song) (Vocal)
13. Honolulu Harbor (Vocal)
14. Popoki Slack Key (Instrumental)

 
「Ray Kane」さんは、ハワイのスラックキーギターの第一世代と言われている人です。「Gabby」さんと並び称される人ですね。

 独特の渋い歌声と、軽やかなスラックキーギターの音色がうまく調和しています。このCDには55分で14曲が収録されていますが、内容はギターのみ、歌、奥さんとのデュエットの3種類で構成されています。

 スラックキーギターは通常のチューニングより、弦が伸びた状態、すなわち音が低いチューニングになっていて、低音の響きが厚くなります。

 その低音のある意味単調なリズムの上に、高音が飛び跳ねるようなアルペジオを刻み、そこに渋めの歌声が加わり、なんとも形容しがたい独特のハワイアンの雰囲気を醸し出します。

 私もスラックキーギターの真似事に挑戦してみましたが、簡単な曲なら、チューニングをずらした時のポジションを覚えればなんとか弾けます。しかしこの歌声だけは真似しても出来ません。

 このCDは、静かで穏やかで、旅愁を誘うような演奏が全編に渡って奏でられているので、心静かにハワイに思いを馳せたい人に向いていると思います。

 またスラックキーギターとはどうゆう演奏なのかを知りたい人も、これを聞けばすぐにその雰囲気が分かると思います。

 2曲目、ギャビー・パヒヌイさんのCDでもよく聞きます。お二人とも雰囲気が似ています。3曲目、遅めのテンポで思い入れたっぷりです。決して美しい声ではないのですが、その渋さがギターに合っています。

 5曲目、有名な曲です。ただしこの方の歌は独特の節回しです。6曲目、奥さんとのデュエット。野太い声とちょっと細めの声が好対照です。

 全体を通してスラックキーギターの特徴が良く出ているCDです。テンポも遅めで、最近のスラックキーギターの演奏とはちょっと趣が違います。

 好みもあると思いますので、視聴してから購入したほうが無難です。

トップページへ ソロ