展望を楽しめる
(ちょっと高級な)レストラン

 1位は変更無し。2位にカカアコの「53 by the sea」が入り、「Sarento's」が3位に後退。ミッシェルズは圏外という結果です。

Top of Waikiki

ワイキキ・ビジネスプラザ

 カラカウア通りやワイキキビーチから、西の山側方面を見上げると、ビルの上に円形のレストランが見えます。ビルの名前はワイキキ・ビジネス・プラザで、ほぼワイキキ市街の中央です。最近1階が改装され、新しい店が入りました。

 18階にあるレストランは3層構造になっていて、全体がゆっくりと回転しているようで、要するに食べながらワイキキの全景を楽しめると言うことです。  

 メニューを見ましたが、美味しい料理がありそうなことは確かです。しかし価格の表示がないので、「よし行こう」と決心するには情報不足です。

 上記のリンク先ではドレスコードの有無は不明ですが、雰囲気からしてそれなりの恰好をしないといけないのかなと思います。私ならアロハシャツに長ズボンで行くと思います。また席の予約もしておいた方が良いはずです。

53 by the sea

カカアコ

 カカアコのチルドレン・ディスカバリーセンター近くにオープンした、結婚式場に併設されたレストランです。

 一応誰でも利用できることになっていますが、入り口に近くづくと立派な門構えで、セキュリティーの人が庭の中を歩き回っていたりするので、ちょっと気軽に入れない雰囲気です。

 ただしホームページのトップの写真のように、このレストランから見るワイキキ方面の風景は格別です。

 とはいうものの、この風景はすぐお隣の「カカコ・フロント・ウォーターパーク」の一番ワイキキよりからも見ることが出来、私の好きな景色の一つです。

 上記リンク先から日本語のランチメニューーを見てみましたがだいたい25ドル前後です。チップを入れれば30ドル。日本円で3750円。

 高いのにランキング入りをしたということは、それだけサービスが洗練されていて、景色が良いという証拠だと思います

Sarento's Top of the Ilikai 

イリカイ

 イリカイはヒルトンハワイアンビレッジのアラモアナ側のお隣になります。以前コンドミニアムに一週間ほど宿泊したことがあります。西向きの部屋で目の前に砂浜ではなくヨットハーバーが見えるので、独特の雰囲気を感じました。ホノルル空港からの飛行機の離発着もよく見えたと記憶しています。

 子連れで宿泊しましたが、ビーチはヒルトンハワイアンビレッジ前のビーチまで歩くことになります。周囲の飲食店の数がワイキキ市街に較べると少ないのと、大きいスーパーが近くに無いことでちょっと不便を感じました。

 今ならアラモアナやすぐ近くのイートンスクエア内にある小さなスーパーを利用すると思いますが、当時はそこまで知りませんでした。

 というわけでSarento'sですが、ホームページを見るとやはり窓からの景色が良いですね。昨日の「Top of Waikiki」はワイキキ市街地とダイヤモンドヘッドの景観が良いと思いますが、海の景色が好きなら海に近い分Sarento'sの方が良さそうです。

 メニューを見ると、イリカイというワイキキからちょっと離れた場所のせいでしょうか、意外に価格がリーズナブルな印象を受けました。だいたいステーキの価格をいつも目安にしているのですが、フィレステーキが40ドル。

 もちろん30ドル前後で食べられるレストランも多いのですが、展望代と雰囲気料込みで考えると納得できそうです。ドレスコードはなさそうですが、雰囲気を考えるとやはりアロハのような襟付きシャツと長ズボン程度は用意しないと、恥ずかしい思いをしそうです。

Michel's ミッシェルズ

コロニー・サーフ・ホテル

 場所はコロニーサーフですから、ワイキキ水族館のさらに向こう側。

 雰囲気は離島風で良いと思います。数回近くまで行きましたが店内には入っていません。予約をしてきちんとした服装で行くべきレストランだと思っています。

 フランス料理ですから、ハレクラニの「ラ・メール」と似た感じでしょうか?「ラ・メール」に最初に行ったときは、日本から革靴、Yシャツ、ネクタイ、ブレザーを持参しました。2回目はアロハと長ズボンだったと思います。

 当然この店もドレスコードがあると思います。いつも悩むのですが問題はですね。スニーカーではやはりちょっと情けない。かといって革靴を日本から持参するのは大変。軽量で渋めのデッキシューズ、ウォーキングシューズあたりがいいかも。(本格的な皮靴はスーツケースに入れると結構場所をとって重たいです)

 どうせ行くなら前日までに、現地で気に入った靴やシャツを購入、と言う方法もありそうです。その方が記念のお土産にもなるかもしれません。

 ここへ行くには、バスは不似合い。レンタカーかリムジンチャーターまたはタクシーでしょうか。地図上で見る限り、お店の窓ぎわ席からは夕陽とワイキキの風景が一望できるのではと思われますので、予約時に希望を伝える必要がありそうです。

 予約は「Open Table」というサイトでネットから出来ます。ホテル宿泊ならコンシェルジュ、さらにJCBプラザあたりでも代行してくれるはずです。


ハワイ旅行あれこれの表紙に戻る スターアドバタイザー
読者が選んだベスト3
ロマンチックなレストラン