ランチワゴンの人気店

 1位だった「Koi Catering」が3位となり、名前m「Koi Lunch Truck」と変更。その結果2位だった「Giovanni's」が第一位となり、あらたに「Firehouse」という店が第二位になりました

 ランチワゴンというのは少し大きめの車の荷台部分を改造して、そこで調理。車の窓からプレートランチを提供するというスタイルです。

 注文や金のやりとりも車の窓越しに行います。車の側にメニューがあり、注文後は車の周辺に置いてある簡単なプラスチック製の椅子に座って食べます。早くて安いというのがウリでしょうか。おかず等のバリエーションは少ない物の、地元の人に人気があるランチワゴンはやはり美味しくて量がある、ということだと思います。

 なお上記の店もそうですが、最近ハワイでは毎月の最終金曜日にカカアコ地区で「イート・ザ・ストリート」という催しが開かれ、ここに様々なランチワゴンやプレートランチのお店が集結します。

 場所ですが、カカアコのウォーターフロントプラザの東側にある駐車場みたいです。ワイキキからは42番バスに、ワードからカカアコに向かい、ウォーターフロントプラザの手前で右折するので、そこから300mぐらいです。日程さえあえば一度は行ってみたい催しです。

 もう一つ。上記のホームページを見ていたら、「Honolulu Night Market」という催しがあることを発見。こちらの場所は上記ウォーターフロントプラザのワイキキ寄り、アウアヒ通りを200mほど戻ったところです。

 こちらは食事以外に雑貨の販売も行っているようで、規模も一桁大きく感じられます。

Giovanni's Shrimp Truck

カフク

 白い車のボディのあらゆる所に落書きされている車が目印です。私もかつてカフクで利用しました。美味しいとは思いましたが、油が多いのとご飯が少ないのが気になりました。また値段は13ドルと有名な分、かなり高め。

 もちろんプリプリのエビがたくさん入っていますので、やむを得ないのかもしれません。また、ワイキキ近辺でもこのカフクシュリンプのプレートランチは似たり寄ったりの値段です。

 カフク近辺はレストランが少ないので、利用価値は大きいと思いますが、最近はコストパフォーマンスを考えて、この方面に行った場合は「タートルベイ」内のレストランで食事をすることが多くなりました。

 なおカフクには、養殖場を自前で持っている「ロミーズ」というレストランもありますね。

Firehouse

ケワロ

 このお店は常時営業しているわけではなく、何らかのイベントやフェスティバルが行われるとき、ワードのケワロ湾の一番空港よりで営業しているようです。

 ただネットで調べても詳細は不明。見かけたら利用してみるしかなさそうです。

Koi Lunch Truck

ディリングハム、ワード通り

 Koiが鯉なのか恋なのか、ハワイ語なのか分かりませんが、お店のマークを見たら鯉でした。(英語の辞書まで調べてしまいましたがkoiという英単語はありませんでした。笑)

 場所(住所)は「2028 Dillingham Blvd. Honolulu, Hawaii 96819」となっていて、グーグルマップで調べたら、ちゃんと店の名前が表示されていました。

 場所はカリヒのライオンファクトリーやセーバーズのある通りをさらに1km進んだ右側。ここにお店があるみたいです。

 ではランチワゴンはどこなのか?スターアドバタイザーに住所がもう一つ書いてあったので、そこを見てみるとワードの西側のワード通り(スポーツオーソリティやロスドレスがある通り)を北上し、「ニールス・ブレイスデルセンター」の交差点がある左の角みたいです。

 ここならワードからちょっと頑張れば歩いて行けそうです。メニューを見るとガーリックチキンのレギュラーサイズが5.75ドル。確かに安いです。

 ただホームページの方にこの住所の記載はないので、ちょっと怪しいです。ランチワゴンですから、どこにでも行けるという利点もありますので、よく分かりません。

Camille's on Wheels(2014年は第二位)

カイルア、ダウントゥーアースの近く

 もともとはカイルアにある店のようで、メキシコ料理のランチワゴンです。しかし最近ワイキキ近辺まで来てくれることになったということで、場所は先日紹介した「ダウン・トゥー・アース」の近くみたいです。

 ただお店のホームページは見つかりませんでした。フェースブックのページはあるみたいですが、どうも使い慣れていないのでよく分かりません。ちなみに住所は

901 Hausten Street Honolulu, HI となっています。「Gayot」というサイトで細かい内容も紹介されていますが、タイ、アルゼンチン、日本といった様々な国の要素を盛り込んでいると書かれています。


ハワイ旅行あれこれの表紙に戻る スターアドバタイザー
読者が選んだベスト3
ランチワゴン