ファーストフードの人気店

 2015年は ジッピーズが圏外となり、代わりに「タコベル」が三位になりました。個人的に加工肉という部分が気になって、あまり利用しなくなりました。

マクドナルド

ワイキキ中心部に10軒程度

 私が日本のマクドナルドに最後に入ったのは5年以上前のような気がします。ワイキキでは1度も入っていないと思います。

 別に悪い印象を持っているわけではないのですが、セットにしたときの料金を考えると、手作りパンの店の方が良さそうだなと思えてしまいます。

 ということはコストパフォーマンスを気にしている、ということなのかもしれません。

 2014年ごろから日本では食材の問題で話題になり、次々と打ち出す新しいメニューがすべて不評となり、かなり営業成績が落ちているようです。

 しかしハワイでは一番人気ということですから、日本だけの問題なのかもしれません。

ジャック イン ザ ボックス

カパフル

 このお店も私は10年ぐらい利用していないと思います。理由はマクドナルドと同じです。

 以前はワイキキにもあったと思うのですが、今はないようです。ワイキキから一番近いのはカパフル通りの店ですね。しかしここに行くのだったら「ジッピーズ」の方が良いような気がします。

タコベル

ハワイ諸島内に30店舗

 最近に本位も進出し話題になっている店です。ネットで見ると、果たして日本でいうまくいくのかと疑問視する声も多数ありましたが、ハワイでは人気が出ているようです。

 ワイキキ近辺で利用しやすいのは、カイルア店、カパフル店、カハラ店、マッカリー店あたりだと思います。

 料理の特徴は「タコス」。トウモロコシで作った薄焼きパンの間に様々な具を入れて食べるもので、まあ手軽に食べられるのは間違いなさそうです。

 ホームページの写真を見ると、中の具はひき肉で、これに各種のサラダ系の野菜が乗っている物が多いですね。

 食べたことがないので味の評価は出来ませんが、人気があるということは、それなりの味でボリュームもあるということだと思います。

 ハンバーガーのメキシコ版という感じもします。


ハワイ旅行あれこれの表紙に戻る スターアドバタイザー
読者が選んだベスト3
ガーリックチキンの店