タンタラスの丘からの下り

ホノルル空港を飛び立つ旅客機
ホノルル空港を飛び立つ旅客機
タンタラスの丘の展望台、その手前に駐車場
右奥が展望台、その手前に駐車場
タンタラスの丘 道端のプルメリア
道端のプルメリア
タンタラスの丘、路肩の駐車場から
タンタラスの丘、路肩の駐車場から


 頂上の展望台からの景観をじっくりと楽しんだり、ホノルル空港から離陸する飛行機を撮影したりして、約30分。いよいよ下山です。

 タンタラスの丘からの下りですが、展望台から歩き始めて50mぐらいの場所で振り返ったときに見える光景が2枚目の写真です。

 この左側の車道部分の端っこをトボトボと歩きながら下っていきます。最初は展望台から200mぐらいのところにある第二駐車場までです。ここまではほぼ直線。

 しかしその駐車場を過ぎると道はなだらかな曲がりくねった下りになります。

 下りなので心理的にも肉体的にも足が前に出さえすれば、どんどん歩くことが出来ますが、最初から速いペースだとへばる恐れがあるので、意識して少しゆっくり目に下っていきます。

 途中の山の斜面に綺麗な花が咲いていたり、カーブする道の内側に芝生が広がっていたりと、車ではなかなか気がつかないこともあります。

 景色を見たり、花を見たり、サボテンや樹木を見たりしながらのんびり下って行きます。

 4枚目が、よくオプショナルツアーでタンタラスの丘に来るとき使われる撮影場所付近からの景色です。

 このときも路上に車が数台停まっていて、欧米人の家族連れが記念写真を撮影していました。

 しかし予想に反して、その先からは道が山の内側に入ったりして、両側の植物は楽しめるものの、後は延々と下りが続くだけ。

 しかも歩いても歩いても、一切の道路標識が無いので、いったい自分がどの辺まで歩いているのかよく分かりません。

 持参したドライブマップと、道の曲がり方を比較して、たぶんこの辺だろうと見当をつけた場所は、まだまだ先が長いことを示していてうんざり。

 それでも歩かないことには戻れませんので、ひたすら歩きます。途中路肩を工事しているおじさんがいて、物好きなおっさんが歩いていると思ったのか「ハロ〜!」なんていう挨拶までされてしまいました。

 しかしそのおじさんを過ぎて500mぐらい歩いたら、遂に麓に建てられている民家が見えてきました。

 「あと少しだ」ということでひたすら歩いていくと、ようやく十字路があり、信号のある交差点に到着。ネホア通りです。

 ここでしばらくバスを待ちましたが、まったく姿が見えず、こういうときスマホがあると便利だなとは感じました。

 その後は旅行記に書いたとおりで、すぐ近くのショッピングモールで飲み物を買い、トイレを使わせてもらい、さらに「ロブスターキング」で昼食をとりアラモアナセンターまで歩くという快挙?を成し遂げ、無事ウォーキング終了です。


表紙に戻る ウォーキング