ホノルル動物園からワイキキ水族館

場所、アクセス

 ワイキキのはずれにあるホノルル動物園を見学し、その後モンサラット通りを横断。カピオラニ公園内を突っ切ってワイキキ水族館を見学。

 水族館からB・スーシービーチ方面を見て海沿いに歩いて戻ってくるというコースです。


地図


大きな地図で見る

距離

 ホノルル動物園内をくまなく歩くと1.2kmぐらい。動物園からサン・スーシー・ビーチまで片道1kmぐらい。

 水族館は小さいので、歩いても0.2kmぐらい。合計往復3.4kmぐらいのコースです。


特徴

 ウォーキングと動物園見学、水族館見学を兼ねたコースで、ゆっくり見て回ると半日かかると思います。

 動物園については別のページでまとめていますのでここでは割愛。動物園を出て左折するとモンサラット通りですが、ここでは週末アートショーというのが行われ、フェンスに絵が掛けられて即売されています。

 これを見て歩くだけでも結構楽しいです。実際に我が家はここで小さな絵を買ったこともあり、自宅のリビングに今も飾っています。

 モンサラット通りを横断すると広いカピオラニ公園となりますが、手前の方にワイキキ・シェルと呼ばれるバンドスタンドがあります。ここでは夏にウクレレ・フェスティバルが開かれます。

 カピオラニ公園はだだっ広い公園ですが、この公園から見るダイヤモンドヘッドは、結構迫力があります。また公園のあちこちに小規模の運動用具があり、地元の方が懸垂をしていたりします。

カピオラニ公園前の遊歩道

 そういった風景を眺めながらのんびり海側に歩いていくと、自然にワイキキ水族館に到着。これが水族館?と思えるような小規模のものですが、魚が泳いでいる姿を見るだけでいやされます。

 水族館見学後、右の方に回りこんで海に出ると左側にプール跡があり、その先にサン・スーシービーチが広がっています。

 ビーチの様子を見学後、後は海沿いの遊歩道を、ワイキキの写真を撮影しながら帰ってくればいいだけです。ここからの景色は私は大好きです。

 途中の小さな堤防の周りでは魚を見ることも出来、うまくするとハワイ州魚の「フムフムヌクヌクアプアア」という面白い名前の魚に出会えることもあります。


表紙に戻る ウォーキング