ロバーツハワイの送迎

 「ロバーツ・ハワイ」という会社自体は、ハワイでいろいろな観光ツアーを実施しています。空港送迎はその中の一つです。

 上記リンク先がロバーツの日本語ページでここからシャトルの予約ができます。名称は「ロバーツハワイ・エクスプレスシャトル」となっていて、ワイキキまでの片道が16ドル。往復で30ドルです。

 予約は「往復」「空港からワイキキへの片道」、「ワイキキから空港への片道」の三種類で、リンクページを見てもらえばわかるように、日本語なので予約も簡単です。

 リンク先ページから「Book Now」というボタンをクリックすると、ハワイ到着日の日付、代表者名、航空機便名、フライト時刻、滞在ホテル名、人数の入力画面となるので、必要事項を入力し「予約する」というボタンをクリックするだけで、あとは料金支払いとなります。

 支払い後は当日ホノルル空港に行けばそのまま乗車できます。予約確認書を持参する必要もありません。

 注意点ですが、ホノルル到着日は日付変更線の関係に注意する必要があり、夜行便とはいえ、日本から行く場合は日本の出発日と同じ日にハワイに到着します。

 例えば元旦の夕方に日本を出発すると、ハワイには元旦に到着するということです。また帰国は現地発が日本到着日の1日前になります

 もう1点。滞在ホテル名は正式名称で表記されています。2015年の夏私が利用した「ロイヤル・ガーデン」の名前が見当たらなくて困ったのですが、正式名称は「ウインダムリゾート・アット・・・・・・」でした。

 また中には、コンドミニアム自体の前の道幅が狭くて、シャトルが入れないということがあるようです。2015年の3月に利用した「ワイキキラナイズ」がこれに該当します。この場合最寄りのホテルやコンドミニアム前を指定することになります。

 (上記ワイキキラナイズの場合は、「パークハイツ」を指定しました)

 ホノルル空港到着後ですが、イミグレを抜けて税関審査を通ると通路があり、右折するとが個人出口、左が団体出口になっています。

 個人手配でも、ロバーツを利用する場合は左折して団体出口に向かいます。直進して建物を出たすぐ右側手前にロバーツの受け付けカウンターがあるので、ここで名前を言うとすぐ分かってもらえます。対応は日本語でOKです。

 予約の確認作業が終わると、目の前のロータリーの左側の方に待機場所があって、ここでシャトルを待つことになります。

 待つ時間はその時の状況で変わるようです。私の場合は、早い時は5分。遅くとも20分程度でした。

 シャトルはスピーディシャトルより大きい15人乗りの物で、満席になるようなことはなかったです。というか、かなり人数に余裕があります。

 走り出すと30分程度でワイキキに到着します。乗車する人の宿泊場所にもよりますが、三か所ぐらいをまとめているようなので、延々と市街をあちこちウロウロということはありません。

 降りるときに、チップを渡す人と渡さない人がいるようです。基本的にはどちらでも構わないと思われますが、私は1ドル札を持っていれば渡すようにしています。

 渡すタイミングは、シャトルを降りてスーツケースを受け取るときです。あらかじめ胸ポケットに1ドルを入れてすぐに取り出せるようにしています。(改めて財布を取り出して、1ドル札を探すよりスマートだと思っています)

 ちなみに係員さんはそういった受け渡しに慣れているのか。「サンキュー」と言いながら当たり前のように受け取ります。なおこの時初めてのコンドミニアムなら、入り口はどこ「Where is entrance?」というやり取りをすると、親切に教えてくれます。

 ワイキキからホノルル空港の場合も手続きは同じです。宿泊場所前の分かりやすいところ(契約時にロータリーのあたりというように指定されます)で待っていれば、ほぼ時間通りに来てくれます。(交通の具合で5分程度遅れることはあるみたいです)

 ワイキキから空港までは、空いていれば30分。H1が渋滞していると45分ぐらいかかることもあります。


表紙に戻る 交通機関表紙に戻る 離島へ