ワイキキからホノルル空港へ

 ワイキキから空港まではどうするか。いくつかの交通手段がありますが、基本となるのは来るときに使った交通機関です。

 すなわちスピーディシャトルやタクシーということになります。スピーディの場合は来るときに往復を予約しておけば良いわけですが、私は利用したことがありません。

 タクシーの場合は、ホテルのロータリーに駐車しているタクシーを使うのが一般的です。ただしこれが一番高いと思われ、私は利用したことがありません。

 しかし最近(2014年)は、タクシーでもフリーペーパー等にクーポンが掲載されていて、これを利用すると30ドル前後で空港に行くことが出来ます。(具合的にはチャーリーズタクシーがキャンペーンを行っています)

 さらにネットで調べると、様々な会社が送迎を行っていて、特に混載シャトルの場合は一人10ドル以下で送迎してもらえるものも多いです。

 そんな中、どれを選べばよいのか迷ってしまいますが、出来れば混載車は避けた方がよいと思います。

 これは飛行機の離陸時間にうまくあわせて送ってもらうのと、最後の最後までワイキキでの滞在を楽しむという二つの理由があります。

 なぜ混載車を避けるべきかと言うと、あちこちで待っている客を順に拾って行くため、ワイキキ市街で動き回る時間がもったいなく、さらに客が遅刻した場合や、荷物が多い場合など、予期せぬ理由で遅れてしまうことがあるからです。

 ただし時間に余裕があって、安いほど良い、と考える人はこういったシャトルでも問題ありません。

 なお7時から8時半ぐらいまで、ワイキキからダウンタウンまでのH1が結構通勤で混雑します。と言ってもまったく動かないということではないのですが、通常25〜35分で行けるのに45分ぐらいかかるることがあります。

 実際の業者の見つけ方は、日本でネットで調べても良いのですが、現地でフリーペーパーに掲載されている広告を見たり、クーポンを使ったほうが安くなることが多いです。

 というわけで、今年2014年に利用したのが「ゆかちゃんタクシー」という業者さんですが、タクシーと名がつくだけあって、大きめのシャトルのようなタクシーで個人的に送迎してくれました。

 時間も正確で、私が合ったのは経営者ご本人のマークさんではなく友人だと言っていましたが、日本語も少し通じるので気が楽でした。


表紙に戻る 交通機関表紙に戻る 帰国時の空港での手続き