空港、ワイキキ間をタクシーで

ワイキキヘ

 個人旅行者がもっとも簡単に利用できるのではないでしょうか。特に家族連れの場合は面倒がありません。

 空港の個人出口を出ると、たくさんの迎えの人ともにタクシーへの誘導係りが立っています。この人たちにタクシーを利用することを告げると、すぐにスーツケース等を持ち、信号を渡った30m程先のタクシー乗り場に案内してくれます。乗り場にも常時数人の係員が待機していて、乗るタクシーを指示してくれます。

 タクシーの形は様々ですが、一部のリムジンを除いて、あまり美しい車はないと思っておいた方が良いようです。また大きなスーツケースを運ぶために、後部はバンの形式になっている車が多いようです。

 時たま配車の都合か、ちょっと大き目のリムジンが来ることもあります。日本では滅多にお目にかかれない車で、本来VIPが乗るものですが、ハワイでは普通のタクシーとして使われることもあるようです。

 内部は六人ぐらいが向かい合って座れるぐらいの広さなので、足元も広く贅沢気分が味わえます。ただ私見ですが、これらのリムジン系タクシーは窓が小さいような気がします。普通のタクシーの方が明らかに解放感があると思います。料金は普通のタクシーと変わりません。

 ワイキキまでは混んでいなければ30分弱で着きます。料金的には38ドル前後です。(2009.8現在)降りる前に前部にあるメーターで料金を確認してください。ちなみにタクシー等を利用する場合は、あらかじめ小額の紙幣をチップのために用意しておくと便利です。

 チップは15%前後ですから、ワイキキまでの場合は料金に5〜7ドルぐらい上乗せするとちょうど良いぐらいです。(2006年のハワイ旅行では、空港からバニアンまで30数ドルかかりました。チップを含めて40ドルを渡すことになり、諸物価の値上げをひしひしと感じました)(2009年は値上げの影響でチップ込みで45ドル払いました)


ワイキキから空港へ

 ホテルやコンドミニアムの駐車場で待ち構えているタクシーが一番手っ取り早い方法です。ただし料金も一番高くなります。従って庶民はそれに代わる手段を探すことになるわけです。探す手段はフリーペーパーの中のクーポン。タクシーの広告を片端から探します。

 最初に気が付くことは、日本語のものにはシャトルバスやタクシーのクーポンが非常に少ないということです。以前は「シダタクシー」という会社のクーポンがあったのですが、会社自体がなくなってしまいました。

 日本人は今でも金持ちだと思われているのか、リムジン等の送迎は結構記載されていますが、安くても30ドル以上の価格設定です。(2006年、この価格も上昇。基本料金が40ドル前後になっています)


 一方英語版の方では最低15ドルぐらいから料金が設定されています。2004年の旅行では
「I DO CAB」という会社を使ってみました。ワイキキを出発する前日の昼頃、コンドミニアムから電話をしました。

 英語のクーポンですから英語しか通じないんだろうと思いつつ、応対した相手に
「Can you speak Japanese?」と先制攻撃。予想通り「No」の答え。でも相手も困っている様子なので(今回は会社の他の人に助けを求めている様子がよくわかった)、それじゃしょうがないから英語を使ってあげよう、みたいな強気な気持ちで、予約をしたいこと、日付と時間、人数、名前をブロークンな英語で伝えました。

 終わってみれば、たいしたことはしゃべっていないので、電話をする勇気さえあれば、この程度の予約ならいつでも出来るなという印象です。もっとも実際に翌日の朝、本当に時間通り迎えが来るかどうかはかなり心配でした。実際には定刻2分前にきっちりきてくれました。

 値段ですが、この会社は
17ドルです。これにチップを4ドル加えて払いました。4ドルの内容は通常のチップ分、スーツケース2個、早朝の丁寧な運転という意味合いをこめました。(普通なら3ドルかな)(2006年、この会社も値上げ。基本料金24ドルです。チップを含めて30ドル渡しました)(2009年はタヒチ・トランスツアーズという会社を利用。シャトルですが一人10ドルかかりません)


リムジンの利用

 ワイキキの町中を歩いていると、ロングボデイのリムジンをよく見かけます。一度は乗ってみたいものだと思う人も結構多いのではないでしょうか。しかしフリーペーパー等でその料金を見ると、その高さに諦めてしまう、というのが本音でしょうか。

 しかし超ロングのリムジンはともかくとして、そこそこのリムジンなら、タクシーよりちょっと高いだけです。
大家族なら、むしろタクシー2台に分乗するより割安かもしれません。(もっともたしかめたわけではありません)

 利用方法は上記と同じですが、こちらは日本語のクーポンがかなりありますので、予約も楽だと思います。


表紙に戻る 交通機関表紙に戻る