タマシロマーケット

場所

 チャイナタウンの西側にある川を渡り、ノースキング通りを500mほど歩くと、デリィングハム通りとの大きな交差点になります。

 この交差点をそのまま横断し、更に500ほど歩くと、右前方に薄紫色の3階建ての建物が見えてきます。建物の3階部分に巨大なカニのオブジェが飾ってあります。

 ワイキキからはチャイナタウンで1番バスに乗り換える必要がありますが、42番バスや2番、13番バスで適当に近くまで行って歩くという方法もありそうです。

地図

 


利用時期

 2016年

説明

タマシロマーケット外観
タマシロマーケット外観
人気のスパイシーポケ丼
人気のスパイシーポケ丼

 以下旅行記を加筆修正しています。

 1番バスはマーケットのすぐ前に停車します。「タマシロマーケット」というのアナウンスもあったと思います。

 店の前に10台ぐらいの駐車スペースが確保されていましたが、次から次へと地元の車が入って来て、常に満車状態のようです。

 店の大きさは、ニジヤマーケット若しくは日本のコンビニより一回り大きいぐらいで、そんなに大きな店ではありません。

 店舗はこの薄紫色の怪しげな建物の1階部分です。店内は正直かなり狭いです。

 ABCのようなコンビニとチャイナタウンの店のような雰囲気のちょうど中間ぐらい?ともかくなんとなく安そうに見えます。

 先ずは野菜と様々な調味料が目につきました。肉類はあまりない感じ。その代わり奥にポケ専門のカウンターがあって、これが地元の人や観光客に受けているようです。

 さらに奥は海産物が豊富にあり、ここは見ているだけで楽しいです。見たことのない魚や、分厚いマグロの切り身が販売されていて、一番高いものはいかにもおいしそうです。

 次回はこのマグロのブロックに挑戦したいなと思っていますが、この時は結局刺身は諦めて、奥のポケのショーケース前で、昼の食事用にポケボウルを作ってもらうことにしました。どれがいいかなと思い物色していると、その上におすすめの人気メニューが出ていました。

 「そうかこれが人気なのか」、と思ってみていると、中にいたお兄ちゃんが、「どれにする?」と聞いてきましたので、試しに人気が一番という「スパイシーポケボウル」というのを注文。

 8ドルぐらいで安いです。ついでにサラダも。こちらは3ドル弱。ポケの周りに得体のしれない黄色っぽいものが混ざっていますが、これがスパイシー。

 しかし個人的には醤油とかワサビと言った基本的なポケの方がおいしいなと感じました。ただマグロの味は良かったです。初めて行きましたが、マグロブラザース同様においしいマグロを手に入れることが出来そうです。


トップページヘ 買い物はどこでに戻る