アイランド・メディカル

場所

 ワード・エリアの西の倉庫街の一角、ワイキキ市街からは、空港方面のバスに乗りアラモアナを過ぎ、ワードに入った停留所で下車、ポフカイナ通りの左側

地図


大きな地図で見る

利用時期

 2008年

説明

 アラモアナからワードの西端を右折。そして少し直進し左折。するとそこには再開発されてきらびやかなワードエリアと違った昔ながらの倉庫街があります。

 目指す
「アイランド・メディカル」は、この小さなオフィスと倉庫が立ち並ぶ中間あたりにありますが、建物自体もかなり古く、失礼な話ですが全体として夜になったらお化け屋敷の雰囲気です。

 なんでこんな場所を紹介しているのかと言うと、2008年に車椅子のタイヤに空気を補充するために大変お世話になった場所だからです。

 ドアを通るとそこは幅1間程度の通路で、奥のほうにオフイスがあるだけで、何らかの営業活動をしているような雰囲気ではありません。
 
 このとき我が家は連れが車椅子を利用しながらのハワイ旅行だったのですが、飛行機に乗っている間に気圧の関係か、空気が抜けてしまいました。

 そこで最初はスポーツ洋品店で空気入れを買おうと思ったのですが、なんと日本とハワイではバルブの形状が違うことが判明。

 しょうがないので、JCBプラザでそういった医療機器のレンタル店か専門店がないか調べてもらい、この店に行きついたというわけです。

 というわけで、詳細は2008年の旅行記に譲りますが、ここで無事空気が補充され、(しかも手間をかけてもらったのに無料でした)その後の旅行を無事に終えることが出来たので、今後の為にも紹介しておこうと思っているわけです。

 ちなみに働いているのは黒人系の女性が多いようでした。当然ながらオフイスにいる方たちのほとんどは日本語不可。

 ただ代表者と思われる方が少しだけ日本語が分かるようで、私は日本語と英語を交えて何とか意思疎通。

 この会社ですが、元々は福祉器具の販売やレンタルをやっている店のようですが、スタッフは大変素晴らしい方々でした。

 JCBで紹介されたときもらったパンフレットの料金も良心的でした。ハワイで車椅子をレンタルするような場合は、是非頭に入れておきたいお店です。


トップページヘ 買い物はどこでに戻る